裾野市空家等対策計画(2019~2025年度)

空家等対策計画(表紙)

人口減少や少子高齢化に伴い空き家が年々増加しています。この中には、適切な管理が行われず、放置されているものも少なくありません。こうした管理が不十分な空き家は、安全性の低下、公衆衛生の悪化、景観の阻害などで、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼすことがあります。

まちづくり課では、空き家などに関する施策を総合的かつ計画的に実施するため、市長を会長とする「裾野市空家等対策協議会」を設立し、法務や不動産などの専門家の意見を踏まえたうえで、「1適切な管理」、「2利活用の促進」、「3措置」を基本方針とした、「裾野市空家等対策計画」を策定しました。

計画期間は、2019~2025年度の7年間(住生活基本計画(全国計画)と整合)としています。

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 建築住宅係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1856
ファクス:055-994-0272

まちづくり課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年05月08日