裾野市空家等対策計画(2019(令和元)~2025(令和7)年度)

空家等対策計画(表紙)

人口減少や少子高齢化に伴い空き家が年々増加しています。この中には、適切な管理が行われず、放置されているものも少なくありません。こうした管理が不十分な空き家は、安全性の低下、公衆衛生の悪化、景観の阻害などで、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼすことがあります。

まちづくり課では、市長を会長とする「裾野市空家等対策協議会」を設立し、法務や不動産などの専門家の意見を踏まえたうえで、「1適切な管理」、「2利活用の促進」、「3措置」を基本方針とした、「裾野市空家等対策計画」を策定し、空き家などに関する対策を総合的かつ計画的に実施しています。

計画期間は、2019(令和元)~2025(令和7)年度の7年間(計画終了年は、住生活基本計画(全国計画)と整合)としています。

計画書

3つの基本方針と11の具体的施策

基本方針1 空家等の適切な管理の促進

1-1 空家等の情報収集(一戸建ての空き家に関する区調査
1-2 空家等の所有者等からの相談への対応(空き家に関する相談窓口
1-3 空家等の適切な管理の啓発、情報提供、意向調査(空き家対策に関する啓発冊子一戸建ての空家等の所有者等の意向調査
1-4 空家等データベースによる一元管理

基本方針2 空家等の利活用の促進

2-1 空家等の所有者等に対する利活用の働きかけ(空き家に関する相談窓口空き家対策に関する啓発冊子空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除プロジェクトTOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)補助金
2-2 将来空家等の所有者等になる可能性のある世帯への啓発(エンディングノート(終活冊子))
2-3 民間との連携による不動産市場での流通促進(裾野市への定住・移住をサポート

基本方針3 管理が不適切な空家等への措置

3-1 地域で対応が困難な空家等への相談対応(空き家に関する相談窓口一戸建ての空き家に関する区調査
3-2 管理が不適切な空家等の現地調査と判定
3-3 管理が不適切な空家等の所有者等への情報提供、助言
3-4 特定空家等の認定および措置(裾野市空家等対策協議会(法定協議会)

目標指標

基本方針1 空家等の適切な管理の促進

区を通じた空家等の情報収集
現状値2017(平成29)年:年1回 → 目標値2025(令和7)年:年1回

基本方針2 空家等の利活用の促進

賃貸・売却等以外の「その他の住宅」のうち一戸建ての空き家数
現状値2013(平成25)年:650戸 → 目標値2025(令和7)年:1,080戸未満(注釈1)

注釈1:上位計画である住生活基本計画(全国計画)の目標指標を参考に、住宅・土地統計調査における「その他の住宅」のうち一戸建ての空き家数の割合を本市独自に設定しました。

基本方針3 管理が不適切な空家等への措置

特定空家等に認定した際に対する措置の着実な実施
現状値(2019(令和元)年:計画策定後から実施 → 目標値2025(令和7)年:100%

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 建築住宅係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1856
ファクス:055-994-0272

まちづくり課(建築住宅係)へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年03月10日