一戸建ての空家等の所有者等の意向調査

裾野市では、2018(平成30)年8月に、一戸建て空家などの所有者など(193人)に対し、利用の実態、管理状況、今後の意向、困りごとなどについて把握し、対策を検討するため、アンケート形式による意向調査を実施しました。

<調査結果による裾野市の空き家の特徴>

  • 空き家の発生原因の約50%が「居住していた者が死亡したため」または「居住していた者が施設等に入所したため」と回答し、約半数が高齢化に伴い空き家になっている。
  • 空き家の約75%は「自分自身、家族、親族」により管理されており、管理面での困りごととして「遠方に居住」や「雑草の繁茂が激しい」、「どこに管理を頼めばよいか分らない」といった問題を抱えている。
  • 空き家の所有者などの約40%が「条件次第で利活用したい」と考えており、そのうち37%が「売却用(人に売りたい)」と考えている。

調査概要

対象

利用していないと思われる一戸建て住宅の所有者(または納税管理者)

実施期間

2018(平成30)年8月24日~9月21日(約1カ月)

実施方法

市からダイレクトメールを発送、アンケート用紙に記入の上、返信用封筒で返信

回収状況

配布数193通(市内93通、市外100通)
回答数88通(回答率47%(注釈1))
注釈1:あて先不明で返信された5通を除く

回答結果(抜粋)

居住していない場合、その理由は何ですか?
建物や樹木・雑草の維持管理は主に誰がしていますか?
建物を利活用(賃貸や売却を含む)したいと考えていますか?

参考

  • 本調査は、裾野市空家等対策計画(令和元年3月策定)の具体的施策「1-3空家等の適切な管理の啓発、情報提供、意向調査」に基づく取り組みであり、建物を現在所有しているかどうか、利用していない場合はどのように管理しているのか、空き家のまま保有し続けている理由などについて、所有者の考えや困りごとを把握し、行政が行える支援策の検討に活用することを目的としています。
  • 調査結果の詳細は、裾野市空家等対策計画(P33~38)をご参照ください。
この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 建築住宅係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1856
ファクス:055-994-0272

まちづくり課(建築住宅係)へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年02月28日