一戸建ての空き家に関する区調査

空き家などの対策の推進にあたっては、空き家などの場所や地域への影響などの実態を継続的に把握することが重要です。そこで、裾野市では、2015(平成27)年度から毎年、区(自治会)の協力を得て一戸建ての空き家などに関する調査(地域が困っているかどうかの情報を含む)を行っており、今後も地域と連携を図りつつ継続的に実施します。

「困っていることがある」とされた空き家は、地域への影響を考慮の上、必要に応じ、市から所有者等に対して空き家の不良状況を伝え、改善を要請、適切な管理を行うよう指導・助言するなど、将来、問題化する可能性のある空き家の早期把握と対応に活用しています。

空き家調査の流れ
調査票

調査概要

調査名称

一戸建ての空き家に関する区調査

調査エリア

市内77区
(全85区のうち、一戸建て住宅のない8区および管理者のある別荘地を除く)

調査対象

おおむね1年以上利用されていない、一戸建ての空き家

調査方法

区宛に文書で依頼し、まちづくり課または各支所へ提出

調査結果

裾野市における一戸建て空き家に関する区調査結果

  一戸建ての空き家数 左記のうち困っている空き家数 調査結果データ
平成27年度 55戸 平成27年度裾野市一戸建て空き家に関する区調査結果(PDFファイル:416.4KB)
平成28年度 202戸 93戸(46%) 平成28年度裾野市一戸建て空き家に関する区調査結果(PDFファイル:340KB)
平成29年度 231戸 81戸(35%) 平成29年度裾野市一戸建て空き家に関する区調査結果(PDFファイル:317.6KB)
平成30年度 245戸 83戸(34%) 平成30年度裾野市一戸建て空き家に関する区調査結果(PDFファイル:260.5KB)
令和元年度 295戸 81戸(27%) 令和元年度裾野市一戸建て空き家に関する区調査結果(PDFファイル:383KB)

注釈:平成27年度は「困っている一戸建て空き家」のみを調査対象としていましたが、平成28年度以降は「全ての一戸建て空き家」を調査対象としています。
注釈:数値はあくまでも区調査による報告ベースであり、区が把握している以外にも空き家がある可能性があります。
注釈:困っている空き家は、後日、職員が現地調査を実施し、判定調査票に基づき「A:空家等」、「B:経過観察」、「C:特定空家等」の3ランクに分類したうえで対応しています。

参考

  • 本調査は、裾野市空家等対策計画(令和元年3月策定)の具体的施策「1-1空家等の情報収集」に基づく取り組みであり、空家などの場所や地域への影響などの実態を継続的に把握することを目的としています。
  • 本調査以外の空き家に関する調査として、国(総務省統計局)が5年に一度実施する、「住宅・土地統計調査」がありますが、「住宅・土地統計調査」における「空き家」は、共同住宅(マンションやアパートなど)の空き室や別荘のような二次的住宅も含まれており、空家法に規定する「空家等」の定義とは異なります。また、調査方法も全数実施ではなく抽出調査からの「推計値」となるため、本市ではあくまで参考値として扱っています。
この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 建築住宅係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1856
ファクス:055-994-0272

まちづくり課(建築住宅係)へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年10月16日