裾野市の歴史図書

裾野市史本巻

現在、裾野市史は生涯学習センターでのみ販売しています

また、第八巻、第九巻は販売を終了しました。

裾野市史

第一巻 資料編 考古

裾野市で出土した遺跡、遺物が時代ごとに詳細にまとめられています。
価格 5,000円

第二巻 資料編 古代中世

戦国期に当地で活躍した葛山氏関係の資料など、裾野市域を中心とした駿河国駿東郡に関係する古代・中世資料が992点収められています
価格 6,000円

第三巻 資料編 近世

裾野市内に残る膨大な近世資料から、村々の生活を中心に373点が掲載されています。支配者を中心に語られてきた歴史の中から見えてこなかった人々の暮らしが記されています。
価格 6,000円

第四巻 資料編 近現代(1)

明治維新から大正初期までの膨大な資料から、当時の地域社会を多角的に検証すべく民衆史的視点から620点が厳選され、年代別あるいはテーマ別に収録されています。
価格 5,000円

第五巻 資料編 近現代(2)

大正期以降の膨大な資料から、激動の時代を生きた裾野市域の人々の暮らしを厳選された693点の資料から描きだしています。
価格 6,000円

第六巻 資料編 深良用水

箱根外輪山を貫き1670(寛文10)年の通水以来、現在に至っても地域住民の生活をささえる深良用水。裾野市の歴史を語るうえで欠かすことのできない深良用水についての資料集です。
価格 5,000円

第七巻 資料編 民俗

裾野市に伝わる伝統的な生活文化を、9年に及ぶ調査をもとに豊富な写真や図表を用いて紹介しています。
価格 6,000円

第八巻 通史編1

裾野市の歴史を年代順に大系づけた、「裾野市史」の決定版です。
価格 5,000円

販売終了しました。

第九巻 通史編2

裾野市の歴史をテーマ別にさらに掘り下げた、地方史の新しい試み。「裾野市史」完結編です。
価格 5,000円

販売終了しました。

市史研究

現在、市史研究は生涯学習センターでのみ販売しています。

創刊号 完売

第2号 完売

第3号

  • 中学校と人材選抜(講演載録):四方一瀰
  • 水配人と水利秩序の成立 駿州深良用水における:菊池邦彦
  • 「入サ製糸所」とはどのような工場だったのか(その1):石田義明
  • 歴史随想 「駿東教育史」と裾野:勝又寿
  • 小特集 裾野の戦中と戦後を生きて 座談会 子どもの見た戦争 裾野「学童疎開の記録」
  • 解説 裾野の学童疎開:坂本紀子
  • 座談会 おんなたちの座談会 戦中、戦後、変わりゆく裾野 各世代が感じたくらしの変化

価格 800円

第4号

  • 地域のなかの戦争 裾野の昭和史(講演載録):安田常雄
  • スルガ国造とスルガ国:仁藤敦史
  • 「学制」期、裾野市における就学率の社会的背景 御宿村、久根村、深良村を対象として:坂本紀子
  • 泉村「騒擾」事件ノート 泉村での村落有財産統一を考えるために:湯川郁子
  • 研究余談「戦国時代の葛山氏」:有光友學
  • 歴史随想「静岡県教育史」と裾野:渡邊藤男
  • 大庭景申先生を悼む:高橋敏

価格 800円

第5号

  • 歴史を調べる楽しみ 岩船地蔵捜索記(講演載録):福田アジオ
  • 深良用水の維持と国役普請:井口俊靖
  • 裾野地域における明治十年代の思想潮流 湯山半七郎を軸として:岩崎信夫
  • 鎌倉時代の駿東郡 藍沢駅、藍沢原を題材に:松崎真吾
  • 歴史随想「市史資料編 深良用水」出版を祝福して:鈴木強
  • 歴史講座の記録「裾野市史深良用水」を読む:高橋敏外

価格 800円

第6号

  • 葛山居館跡の発掘(講演載録):中野國雄
  • 戦死者の祀り:岩田重則
  • 黄瀬川と裾野市の民俗:松田香代子
  • 中世駿東の歴史的位置 佐野郷再検討の試み:東島誠
  • 研究ノート「本茶モヨリ考」:岩崎信夫
  • 歴史随想「戦時中の学校」:杉山繁雄
  • 歴史講座の記録「裾野市史考古」を読む:中野國雄ほか

価格 800円

第7号

  • 中世の裾野‐新史料にみる戦国期の葛山氏(講演載録):有光友學
  • 大珠と顔面把手付土器 裾野の縄文時代と尾畑遺跡:瀬川裕市郎
  • 元締衆の深良用水開削事業撤退の背景 資金回収と用水管理を中心に:厚地淳司
  • 駿東(中、北駿)地域の吉田信仰:杉村斉
  • 教育実践報告 深良用水の授業 小学校4年生の教材として:中村恒之
  • 歴史随想「飯尾宗祇と裾野」:高橋具美
  • 歴史講座の記録「裾野市史近現代1.」を読む:安田常雄ほか

価格 800円

第8号

  • 無宿の時代の裾野 御宿村永左衛門一件(講演載録):高橋敏
  • 近世初期の村政について 御宿村を事例として:柴雅房
  • 戦時体制下の初等教育:西川尚男
  • 中世禅宗寺院における地方展開と法嗣意識 定輪寺の検討を中心として:伊東誠司
  • 深良用水における国役普請の要求過程 弘化三年の国役普請を中心に:井口俊靖
  • 歴史講座の記録「裾野市史」資料編「古代中世」を読む:有光友學ほか

価格 800円

第9号

  • 裾野における青年期の教育(講演載録):四方一瀰
  • 近世初期の年貢収取:関根省治
  • 村入用帳の史料論的検討 駿河国駿東郡富沢村を例として:菊池邦彦
  • 占領期における東富士演習場問題の展開:大串潤児
  • 資料紹介、解説 市内における近世教育関係の追加事例について(その1):伊東誠司
  • 依京寺本尊について:伊東誠司
  • 歴史講座の記録「裾野市史」資料編「近世」を読む:高橋敏ほか

価格 800円

第10号

  • 講演載録(平成10年11月8日・第10回歴史講演会より):安田常雄
  • 論文
    • 駿河郡周辺の古代氏族:仁藤敦史
    • 駿河国近世初期検地の再評価 駿東郡御宿村を事例として:柴雅房
    • 小田原藩の村足軽について 軍役負担を中心に:厚地淳司
  • 歴史随想 大森氏に関わる地名の考察:羽田勲
  • 深良用水に感謝しよう:鈴木強
  • 鈴木強氏に哀悼の意を表す:四方一瀰

価格 800円

第11号

  • 講演載録(平成11年11月28日・第11回歴史講演会より):福田アジオ
  • 論文
    • 鎌倉時代の葛山氏 葛山景倫を題材に:松崎真吾
    • 駿東地方の龍爪信仰:松田香代子
    • 聞き書き 裾野にやってきた土肥の大工:宮村田鶴子
  • 歴史随想 花さんぽ 御厨の観音様:岡田憲明
  • 歴史講座の記録「民俗を探る楽しさ」:福田アジオほか

価格 800円

第12号

  • 書評(「裾野市史」資料編全巻):向坂鋼二、小和田哲男、橋本敬之、樋口雄彦、荒川章二、大塚英二、中村羊一郎
  • 論文
    • 裾野の石造物 庚申塔を中心に:瀬川裕一郎
    • 裾野市域のモヨリとその生活 ムラとモヨリ:斎藤弘美
    • 村の生産と消費 須山村の場合:岩崎信夫
  • 資料編古代中世補遺
  • 葛山氏関係文書目録
  • 葛山氏発給文書目録
  • 歴史随想 大森氏の出自と初期住居について:小林秀年
  • 歴史講座の「裾野の近現代を知る」:安田常雄ほか

価格 800円

第13号

  • 論文
    • 小田原藩の身分編成について 稲葉時代を中心に:厚地淳司
    • 国境地帯の中世史:東島誠
    • 富士山信仰における須山口の位置合:菊池邦彦
  • 書評 「裾野市史」第八巻 通史編I:永原慶二
  • 杉村齋調査委員を悼む:福田アジオ
  • 裾野市史編さん事業の歩み

価格 800円

叢書・調査報告書

現在、叢書・調査報告書は生涯学習センターでのみ販売しています。

資料叢書

柏木甚右衛門覚書帳・湯山安右衛門日記 完売

湯山半七郎日記

御宿村の豪農湯山半七郎氏の1875(明治8)年~1879(明治12)年までの日記翻刻したものです。明治初期の地域における諸制度の推移を、当時活躍した半七郎の詳細な記述により知ることができます。
執筆:岩崎信夫、岩田重則、坂本紀子、湯川郁子
価格 1,000円

代脳録愛鷹山民有請願日誌

1899(明治32)年の愛鷹山払い下げに尽力した横山健吾氏が、払い下げ運動の過程を記した日記です。 まとまった資料がほとんど現存しない今、愛鷹山払い下げを知ることのできる貴重な資料です。
執筆:湯川郁子
価格 1,000円

勝又半次郎絵日記

市内御宿に生きた勝又半次郎氏が残した絵日記を基に、明治期の生活と日常をひもときます。
執筆:福田アジオ、岩田重則、杉村齊、松田香代子、宮村田鶴子
価格 1,000円

調査報告書

第一集 葛山の民俗

五つの集落からなる葛山は、葛山氏の居城が置かれた歴史的にも重要な地域であり、愛鷹山山麓にあって、それぞれの集落で山をめぐる伝統的な生活が伝承されてきました。本書では、集中的な民俗調査に基づき、葛山の生活文化を描いています。
執筆:福田アジオ、岩田重則、斎藤弘美、新谷尚紀、杉村斉
価格 1,000円

第二集 深良の民俗 完売

第三集 葛山居館跡遺構確認調査既報

1992年に行われた葛山居館跡内の遺構確認調査の報告書です。
編集:中野國雄、瀬川裕市郎、渡瀬治
価格 1,000円

第四集 茶畑の民俗

茶畑は箱根西麓の広大な地域に広がり、近世を通じて行政的に一つの村としてまとまりがありました。 箱根山と深い関わりをもちながら、特徴ある生活を伝承してきましたが、住宅地化の進行により、生活も大きく変わってきています。本書では、集中的な民俗調査に基づき、広大な茶畑のうち本茶、滝頭に重点を置き、生活文化を描いています。
執筆:福田アジオ、岩田重則、斎藤弘美、新谷尚紀、杉村斉、松田香代子、宮村田鶴子
価格 1,000円

第五集 富沢の民俗

愛鷹山と黄瀬川に挟まれた狭い平地に集落を形成する富沢は、この集落だけで近世を通じて一つの村でありました。愛鷹山との関わりは大変深く、特徴ある生活を伝承してきました。本書では、集中的な民俗調査に基づき、富沢の生活文化を描いています。
執筆:福田アジオ、岩田重則、斎藤弘美、新谷尚紀、杉村斉、松田香代子、宮村田鶴子
価格 1,000円

第六集 裾野の石造物上

岩波・深良・久根・公文名・稲荷・茶畑・平松・麦塚の石造物を、写真や図で分かりやすく紹介しています。
執筆:中野國雄、石田義明、伊東誠司、杉村斉、瀬川裕市郎、松田香代子
価格 1,500円

第七集 裾野の石造物中

須山・下和田・今里・金沢・御宿・上ケ田・葛山・千福の石造物を、写真や図で分かりやすく紹介しています。
執筆:中野國雄、伊東誠司、杉村斉、瀬川裕市郎、松田香代子
価格 1,500円

第八集 裾野の石造物下

石脇・佐野・大畑・桃園・富沢・二ツ屋・水窪・伊豆島田の石造物を、写真や図で分かりやすく紹介しています。
執筆:中野國雄、伊東誠司、杉村斉、瀬川裕市郎、松田香代子
価格 1,000円

購入方法

現在、裾野市史、市史研究、叢書・調査報告書は生涯学習センターでのみ販売しています。

郵送での販売も行っています。

詳細は問い合わせください。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課
〒410-1102 静岡県裾野市深良435 生涯学習センター1階
電話:055-994-0145
ファクス:055-992-4047

生涯学習課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2018年03月19日