第1回裾野市優良広告景観賞が決定

裾野市優良広告景観賞とは

市では、富士山などの眺望景観や自然景観に調和したデザインの広告物や景観形成に配慮し、まち並みと調和したデザインの広告物などを優良屋外広告物として表彰し、その内容を広く公開することで、屋外広告物に対する市民および事業者の意識高揚を図ることを目的に裾野市優良広告景観賞を開催しました。

部門の分類

優良デザイン部門

市内に掲出された広告物で、裾野市屋外広告物基本計画に定める誘導基準を満たすなど、良好な景観形成に寄与している広告物。

また、まち並みに合わせ、規模、形態、配置、内容、色彩を創意工夫した広告物。

景観協力部門

市内に掲出された広告物で、裾野市屋外広告物条例施行後に既存不適格となった広告物、または静岡県屋外広告物条例施行規則の一部改正(平成25年3月29日公布)後に既存不適格となった広告物のうち、許可基準を満たし新たに設置された広告物、許可不要となる規模で新たに設置された広告物、または景観に配慮し除却された広告物。

審査会

平成29年2月6日に天野光一会長(日本大学理工学部教授)をはじめとする裾野市景観アドバイザー会議委員計8人が審査を行いました。

審査会

表彰式

優良デザイン部門の7作品、景観協力部門の4作品に対し、平成30年7月31日に表彰式を開催しました。

優良デザイン部門の最優秀賞・優秀賞は市長より受賞者に賞状と、副賞の盾を贈呈しました。

優良デザイン部門の奨励賞と景観協力部門の感謝状は天野会長より賞状を贈呈しました。

表彰状授与有限会社寿々木
表彰状授与江川茉莉那
表彰式全体写真

受賞広告物

優良デザイン部門

最優秀賞:「裾野セントラルホテル寿々木」

広告主:有限会社寿々木

製作者:株式会社さいとう看板

天野審査委員長講評

講評最上階部のホテルのサインも目立つ色彩の赤は使用しているものの、面積が抑えられており、ある程度目立つことを保障しながら、嫌みを感じず、周辺の景観に溶け込んでいる。

また、入口部外構のサインも色遣いを最小限に抑え、金属製の下地に和文字でホテル名を記してあり、それなりの存在感を示すとともに適切な表示となっている。

加えて、都市ホテルにありがちな、キャンペーン等の垂れ幕広告等が一切ないことも高く評価できる。駅前のホテルであり、商業的には目立ちたいところであるが、抑制のきいた広告、表示となっており好ましい事例である。

裾野セントラルホテル寿々木1
裾野セントラルホテル寿々木2
裾野セントラルホテル寿々木4
裾野セントラルホテル寿々木4
裾野セントラルホテル寿々木5

優秀賞:「新富士裾野工業団地協議会」

広告主:新富士裾野工業団地協議会

製作者:株式会社さいとう看板

天野審査委員長講評

まず集合してまとめていることが評価できる、色使いも好ましい。また、改善前も決して悪いわけではないが、屋外広告条例の改正に伴いいち早く改善したことは、広告の景観上の影響に配慮した措置であり、裾野市の企業体として裾野市の景観に対する責任感を強く感じ好ましい事例である。各地域の景観に影響を与える企業体や個人営業種などの広告主がこのような意識を持てば、屋外広告が景観上の悪者でなくなると信じる。

新富士裾野工業団地協議会1
新富士裾野工業団地協議会2

優秀賞:「天婦羅よしだや」

表示内容:天婦羅よしだや

広告主:吉田進

天野審査委員長講評

創業62年と聞いており、その歴史ゆえ十分地元で認知度があるからこそできるデザインともいえる。

帆布の「天婦羅よしだや」と壁面の同じデザインの広告のみであり、そのデザインも白黒で老舗感のある落ち着いたデザインとなっている。

店舗外観も落ち着いたものであり、閉店中はほとんど街に溶け込むことが容易に想像できる。この様な抑制が効いた広告の方が売り物(天婦羅)の質の良さが感じられるというものである。

天婦羅よしだや1
天婦羅よしだや2
天婦羅よしだや3

奨励賞:「いずみっこ公園」

広告主&製作者:すそのひがしクラブ

命名者:江川茉莉那

推薦者:杉山善雄

いずみっこ公園1

廃材を利用して、自分たちでデザイン及び製作

いずみっこ公園2

散歩者の休憩や憩いの場となっている

奨励賞:「自動販売機の色彩と景観」

広告主:ひだまり歯科クリニック

推薦者:金窪明美

ひだまり歯科クリニック1

開業にあたり既存自動販売機の色彩が建築物と調和していなかったため、建築物の壁面と同色に塗装

ひだまり歯科クリニック2
ひだまり歯科クリニック3

奨励賞:「藪工業株式会社」

広告主&製作者:藪工業株式会社

藪工業株式会社1

自社技術を生かし、自主制作

藪工業株式会社2

表示内容は最大限シンプル

奨励賞:「南富士カントリークラブ」

広告主:株式会社南富士カントリー倶楽部

製作者:株式会社旭広告社沼津営業所

南富士カントリークラブ

多色使いを避けた見やすい案内看板

景観協力部門

次の3者4作品に贈呈しました

有限会社クリエイト寿づか

株式会社沼広

株式会社ハラ企画(2作品)

リーフレット

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 土地対策係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1828
ファクス:055-994-0272

まちづくり課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2018年08月22日