入札・契約

入札参加資格審査申請

各種様式

工事・委託発注予定

(注釈)公共工事の入札と契約の適正化の促進に関する法律第7条と公共工事の入札と契約の適正化の促進に関する法律施行令第5条に基づき、令和2年度の裾野市の発注の見通しに関する事項を公表します。記載してある内容は、令和2年4月1日現在における発注の見通しであり、実際に発注する工事がこの記載内容と異なる場合または予定した工事が中止され、もしくは追加される場合があります。工事概要の数量は公表時点での概算見込のため、公表後に変更される場合があります。予定価格が250万円を超えないと見込まれるものと公共の安全と秩序の維持に密接に関連する公共工事であって当市の行為を秘密にする必要があるものは掲載していません。

電子入札

電子入札

電子入札は、従来の紙による入札手続きに代わり、インターネット上のやりとりで公共事業の入札手続きを実現する電子入札システムと、事業の発注見通しや入札結果などを公表する入札情報サービスから構成されています。 
インターネット上でのやりとりであるため、本人からのものであることを証明する電子認証を利用し、入札参加者は会社にいながらにして指名通知書の受信や入札書の送信を行うことができます。 
入札情報サービスとの連携によって、発注の見通しや入札公告、入札結果などの最新情報を1箇所のホームページから誰でも閲覧することができます。 
電子入札を導入することで、事務の効率化、入札参加者費用の低減、透明性の向上、入札参加機会の拡大などの効果が期待できます。
電子入札で入札参加するためには、あらかじめ次の準備が必要です。

  • パソコン、ソフトウェア、インターネット接続環境
  • ICカードとICカードリーダーの取得
  • ICカードリーダーのセットアップ
  • Java.policyファイルの設定
  • 利用者登録

当市への「システム利用届」の提出、当市から利用者登録番号が交付された後の電子入札の利用者登録などの事務手続が必要となりますが、趣旨のご理解をよろしくお願いします。
環境設定や利用者登録などがわからない場合は、静岡県共同利用電子入札システムポータルサイトにFAQが掲載されているため、参照してください。

システム利用届

システム利用届は下記宛に郵送するか直接お持ちください。

〒410-1192静岡県裾野市佐野1059番地
裾野市役所総務部行政課

(注釈)システム利用届在中と赤字で記載してください。

郵送、直接の提出を問わず、返信用の封筒を用意してください。
返信用封筒には、システム利用届の届出者の住所、代表者名を記載し、返信用切手を貼付してください。
返信用封筒は、当市から「利用者登録番号発行通知書」を返信するためのものです。
システム利用届を当市に提出しても、利用者登録は完了していないため、利用者登録番号を当市から受理した後、静岡県共同利用電子入札システムポータルサイトから電子入札の利用者登録をしてください。
登録内容に変更が生じた場合もシステム利用届を提出してください。なお、変更の場合、返信用封筒は不要です。

随意契約(地方自治法施行令167条の2第1項第3号および第4号)の公表

裾野市契約規則第23条に基づき、随意契約の地方自治法施行令167条の2第1項第3号および第4号について公表します。

令和2年度 地方自治法施行令167条の2第1項第4号(該当事業はありません)

令和元年度 地方自治法施行令167条の2第1項第4号(該当事業はありません)

平成30年度 地方自治法施行令167条の2第1項第4号(該当事業はありません)

中間前金払

裾野市では、受注者の調達資金の安定化を図ることで、公共工事の円滑かつ適正な施工が確保されるよう、「裾野市建設工事の中間前金払に関する取扱要綱」を整備するとともに、裾野市建設工事執行規則などの関係例規を改正し、令和2年1月6日以降に契約締結する建設工事から新たに中間前金払を導入します。

注釈:中間前金払の導入に伴い、契約書の様式(建設工事請負契約約款含)が一部変更となりますので契約書作成時には新しい様式を使用してください。変更後の様式は下記「入札契約様式」を参照してください。中間前払金を請求する場合に使用する各種様式については、下記「入札契約様式」のサイト下部に添付しています。

中間前金払とは

既に前金払(契約金額の10分の4以内)を受けた建設工事において、一定の要件を満たしている場合に、保証事業会社の保証を条件に契約金額の10分の2を超えない範囲で追加の前金払を受けることができる制度です。

中間前金払制度の内容

  1. 対象工事
    前金払を行った建設工事で 部分払をしていない(注釈1)債権譲渡の申請がない 建設工事
    (注釈1)中間前金払と部分払の併用はできません。
  2. 要件
    ・受注している建設工事について、工期の2分の1を経過していること
    ・工程表によって受注している建設工事の工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている作業が行われていること
    ・既に行われた作業に要する経費が請負代金額の2分の1以上の額に相当すること
  3. 手続きの流れ
    中間前金払フロー図(PDF:129.6KB) 参照

中間前金払に関するQ&A

入札参加停止情報

措置対象事業者

菱和設備 株式会社

停止期間

2019年2月20日(水曜日)~8月19日(月曜日)(6カ月)

措置対象事業者

三星建設工業 株式会社

停止期間

2019年12月3日(火曜日)~2020年6月2日(火曜日) (6カ月)

この記事に関するお問い合わせ先

行政課 行政係・契約係・検査係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1807
ファクス:055-993-3607

行政課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年05月26日