裾野市公共下水道事業に係る「社会資本総合整備計画(重点計画)」(平成30年度~平成34年度)

社会資本整備総合交付金は、地方公共団体などが行う社会資本の整備その他の取り組みを支援することで、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善および国土の保全と開発、住生活の確保と向上を図ることを目的に平成22年度に創設されました。

地方公共団体が社会資本整備総合交付金を活用して事業を実施する場合には、社会資本総合整備計画(以下「整備計画」)を作成し、国土交通大臣に提出し公表することとなっています。また、整備計画の終了する年度またはその翌年度までに、計画時に設定した目標の達成状況、事業効果の発現状況について事後評価を行いその評価書などを国土交通大臣に提出し公表することとなっています。

裾野市公共下水道事業では、平成29年度に平成30年度から平成34年度までの整備計画を立て、社会資本整備総合交付金による事業を実施しています。また、事業計画期間の最終年度にあたる平成34年度末に計画時に設定した目標の達成状況、事業効果の発現状況について事後評価を行う予定です。

裾野市公共下水道事業に係る「社会資本総合整備計画」

以下のとおり公表します。

計画の名称

衛生的で快適な下水道の整備重点計画

計画の期間

平成30年度~平成34年度

計画の目標

市内の下水道を整備し、市民の衛生的で快適な生活環境の確保を目指します。

国土交通大臣への提出月日

平成30年2月16日(当初)

 

社会資本総合整備計画の内容(当初)

事後評価の内容

事業計画最終年度またはその翌年度までに実施する予定。

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道工務課
〒410-1102 静岡県裾野市深良215-22 水道庁舎1階
電話:055-995-1834
ファクス:055-994-0727

上水道関係のお問い合わせ、意見、質問

下水道関係のお問い合わせ、意見、質問

更新日:2018年08月06日