特別展資料(2003年度~2005年度)

2003年特別展 富士山麓を訪れた歌人たち

表紙_富士山麓を訪れた歌人たち

富士山は万葉の時代から人々に愛され、絵に描かれ詩に歌われ、今日でも私たちの心のふるさととして親しまれています。

今回は、万葉の時代から富士の姿を詩歌の中でその優美さを表現してきた作品を時代を追って紹介します。

2004年度特別展 富士山測候所

2004年度特別展_富士山測候所_表紙

富士山のシンボル的存在であった富士山頂レーダーを守るレーダードーム、平成14年の秋をもってレーダーによる気象観測が終了したことにより、レーダーを守っていたドームもはずされ、現在は富士吉田市によって保管展示されています。さらに、平成16年9月には富士山測候所が無人化され、山頂観測所の勤務もなくなりました。

今回、今まで長きにわたり日本の気象観測の中枢として活動し、さまざまな貴重な気象情報を提供してきたその実績と、富士山測候所を365日体むことなく守ってきた山頂勤務員の活動を紹介します。

2005年度特別展 富士火山帯

富士火山帯表紙

日本でも有数な活大山である富士山。この山を中心とした富士火山帯や周辺に眠る活断層、さらにその地下深く活動しているフオッサマグナ(大地溝帯)や中央構造線、さらに地表を覆つているフィリピン海プレートやユーラシアプレート、太平洋ブレート、北米プレート(オホーツクプレート)等の基本的な情報を紹介します。
富士山の大山活動については、近年富士大山帯の中で大山活動を起こしている伊豆三宅島や大島三原山、箱根山、長野浅間山の大山活動を紹介しながら、富士山の大山活動についてもう一度振り返つて見ます。

この記事に関するお問い合わせ先

裾野市立富士山資料館
〒410-1231 静岡県裾野市須山2255-39
電話:055-998-1325
ファクス:055-998-1325

富士山資料館へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年11月09日