事業の施行状況

新しい駅前広場の使用を開始しました

2021年3月10日

2021年(令和3年)3月10日より、新しい裾野駅西口駅前広場の使用を開始しました。

新駅前広場は、事業に着手する前の駅前広場と比較し、面積が大きくなり、その結果、広い歩行者空間が確保されたほか、バリアフリーに対応したスペースが整備され、どなたにも安全で快適に利用していただけるようになりました。

バス、タクシー乗り場も明確に区分され、シェルターや照明灯、案内看板等が整備されたことにより、駅前広場の利便性が大幅に向上しています。

今後も引き続き裾野駅西口周辺の整備を行い、裾野市の玄関口にふさわしいまちづくりを推進していきます。

駅前広場写真

<新裾野駅西口駅前広場>

2021(令和3)年3月、裾野駅西口駅前広場が完成します

2020年9月18日

裾野駅西土地区画整理事業では、裾野市の玄関口にふさわしい中心市街地を形成するため、裾野駅西口を中心とする裾野駅西地区の基盤整備を推進しています。

現在、裾野駅西口では臨時駅前広場を使用していますが、2020年10月中旬から駅前広場の築造工事に着手します。

駅前広場は、2021年3月末までに供用を開始する予定です。

JR裾野駅をご利用の際は、案内看板や交通誘導員の指示に従っていただきますようお願いします。工事期間中はご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

駅前広場

<駅前広場整備概要>

  • 一般車乗降場をロータリー入り口部に配置し、一般車はロータリー部に進入することなく北側区画道路を通行します。これにより、バス・タクシー等と一般車両の交通を分離します。
  • バリアフリー対応のゆとりある歩道空間を確保するとともに、待合スペースにシェルターやベンチを設置し、駅利用者の利便性の向上を実現します。

(注釈) 図の施設配置はイメージであり、変更が生じる場合があります。

2019(令和元)年度工事施工箇所

2020年4月28日

2019(令和元)年度から平松新道線西側区域の工事施工を開始しました。2020(令和2)年度も引き続き、事業の早期施行に努めます。

令和元年度工事施工箇所

<令和元年度工事施工箇所図>

桃園平松線周辺部

桃園平松線の一部、小柄沢川の桃園平松線下通過部、周辺の区画道路を整備しました。

平松新道線

【写真1】

桃園平松線の一部築造、隣接する街区の宅地造成を行いました。当路線は令和2年度、平松新道線に接続して一部供用を開始します。

6M-4号線

【写真2】

6M-3号線、6M-4号線、6M-13号線の築造、ならびに隣接する街区の宅地造成を行いました。

駅周辺部

裾野駅西口周辺部では、引き続き駅前広場を中心に駅の利便性の向上に向けた工事を行いました。

臨時駅前広場

【写真3】

現在の臨時駅前広場を令和元年12月に供用開始しました。

8M-8号線

【写真4】

裾野踏切から平松新道線までの8M-8号線を供用開始しました。

その他

10街区、11街区、17街区の宅地造成や平松新道線の電線共同溝設置工事を実施しました。

小柄沢川の改修工事を行っています

2020年1月16日

工事施工箇所

工事施工箇所位置図

ボックスカルバート

ボックスカルバート内部

ボックスカルバート設置風景
ボックスカルバートを埋設している写真

桃園平松線を横断する小柄沢川の改修工事を行っています。桃園平松線の横断部分は、地中にボックスカルバート(コンクリート製の箱状の構造物)をトンネルの様につなぎ、地中に埋設します。

裾野駅臨時駅前広場の使用を開始しました

2019年12月10日から、裾野駅臨時駅前広場の使用を開始しました。ロータリー内は車両の往来が激しく危険ですので、歩行者や自転車は歩道スペースを通行してください(自転車は降りて通行してください)。

裾野駅西臨時駅前広場案内図
ロータリー

ロータリーとバス(須山方面とすそのーる)乗降場

歩道スペース

裾野駅と停車場線を結ぶ歩道スペース

裾野駅西口駅前広場が臨時駅前広場に移転します

2019年10月24日

臨時駅前広場
臨時駅前広場予定地

<臨時駅前広場築造箇所>

2021年(令和3年)3月に使用開始予定の新しい駅前広場の整備にあたり、整備期間中に使用する臨時駅前広場を先立って築造します。臨時駅前広場の完成と使用開始は12月上旬を予定しています。

現在の駅前広場と同様に、一般車(優先者乗降場を利用するものは除く)はロータリーへの進入はできません。

一般車乗降場をご利用の際には、上図の経路を通行してください。

【臨時駅前広場使用期間】2019年12月~2021年3月

6M-13号線道路が完成しました

2019年10月24日

施行箇所図

<施行箇所図>

<6M-13号線>

<6M-13号線>

6M-13号線道路およびその付近の宅地が完成しました。

現時点での接続道路はありませんが、今年度工事予定の6M-4号線道路と桃園平松線の一部とつながる予定です。

このほか、小柄沢川も現在整備中です。

特6M-1号線を供用開始しました

2019年5月31日

裾野踏切から裾野駅までの特6M-1号線(歩行者専用道路)を供用開始しました。

また、平松新道線の一部区間の道路改良工事、裾野踏切から平松新道線までの8M-8号線の改良工事を実施しました。

整備箇所図
平松新道線

1 平松新道線の一部区間の電線類を地中に収容する工事と道路改良工事を実施しました。

8M-8号線

2 裾野踏切から平松新道線までの8M-8号線の改良工事を実施しました。

特6M-1号線

3 三軒掘川改修工事と特6M-1号線(歩行者専用道路)の新設工事を実施しました。

(準)三間堀川の河川改修工事に伴い、歩行者通路を切り替え

2018年7月15日

裾野駅西口駅前広場の整備にあたり、(準)三間堀川の河川改修工事を行います。工事に伴い、歩行者通路を切り替えます。駅を利用する際はご迷惑をお掛けしますが、事業へのご理解とご協力をお願いします。

歩行者通路の付け替え

(注釈)工事の進捗によって、別途、歩行者通路の切り替えが発生することがあります。

西口駐輪場・公衆用トイレが移転します

2017年8月1日

今年度の裾野駅西土地区画整理事業で、裾野駅西口駅前広場内の北側から西口駐輪場にかけて、(準)三間堀川河川改修工事を実施します。この改修工事に伴い、駐輪場・公衆用トイレを移転します。

新しい裾野駅西口駅前広場は、平成32年度末までに完成を予定しています。

西口駐輪場・公衆用トイレが移転します

駐輪場の移転

西口駐輪場を閉鎖し、駅北側と南側の2カ所に臨時駐輪場を開設します。

運用開始日 9月1日(金曜日)

現在の駐輪場は、9月16日(土曜日)以降に閉鎖します。

公衆用トイレ

新たな公衆用トイレを設置し、既存の公衆用トイレを撤去します。新設公衆用トイレは10月から利用できる予定です。

一般車両乗降場を拡大しました

2017年6月20日

裾野駅前の一般車両乗降場の写真

裾野駅西口臨時駅前広場北側の一般車両乗降場の利用可能台数を、4台から10台に拡大しました。

引き続き、裾野駅西口駅前広場の整備に、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

近景1
近景2
この記事に関するお問い合わせ先

区画整理課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1068-2
電話:055-994-1274
ファクス:055-994-1279

区画整理課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2021年03月22日