ウーブン・シティ周辺整備課

北部地域まちづくり基本構想を受けて岩波駅周辺整備がスタート

裾野市の北部地域は、主に工業系の用途地域が指定され、今日まで、製造業や研究所などが多数立地した工業中心の土地利用が図られてきました。

このような中、昭和30年代に立地した大手自動車製造工場が閉鎖されることとなり、その工場跡地に「人々の暮らしを支える全てのモノ、サービスが情報でつながるコネクティッド・シティ」の実現に向けた実証実験の場(ウーブン・シティ)としていくことが計画されたことから、「裾野市北部地域まちづくり基本構想」(以下「基本構想」という。)を令和2年度に策定しました。

この基本構想を受け、拠点性の向上や賑わいの創出等、目指すべきまちの姿の実現に向けた具体的な整備計画「岩波駅周辺地区まちづくり基本計画」を令和3年度に策定しました。

岩波駅周辺地区まちづくりワークショップ

岩波駅周辺地区まちづくりワークショップ

裾野市北部地域まちづくり基本構想の短期構想として位置づけをした岩波駅周辺エリアについて、具体的な整備方針を定める岩波駅周辺地区まちづくり基本計画を策定しました。今後の整備にあたり、市民や周辺企業などと意見交換をするためのワークショップを開催しています。

参加者/岩波区、岩波商店会、深良地区まちづくり協議会、深良地区、富岡地区、須山地区、周辺企業、商工会、観光協会、裾野高校、一般公募の市民
(注釈)一般参加募集は締め切りました。

ウーブン・シティ周辺整備に関するページ一覧

この記事に関するお問い合わせ先

ウーブン・シティ周辺整備課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-994-9010
ファクス:055-994-0272
ウーブン・シティ周辺整備担当へのお問い合わせ、意見、質問