裾野市のオープンデータ

オープンデータ(公共データの民間開放)とは

国、地方自治体などが保有する膨大な公共データについて、機械判読に適したデータ形式として公開し、営利目的も含めた二次的な利用を促す取り組みのことです。国では、平成24年7月に「電子行政オープンデータ戦略」を策定して、積極的に推進を図っているほか、平成25年6月に英国で行われたG8サミットで、日本を含む各国により「オープンデータ憲章」が採択されています(以上静岡県公式ホームページから抜粋)。
この取り組みについて、静岡県で平成25年8月27日から『ふじのくにオープンデータカタログ』の公開をはじめました。裾野市も同調してデータの積極的な公開について取り組むものです。
県の『ふじのくにオープンデータカタログ』は、静岡県内のオープンデータに取り組む市町のデータ公開のプラットフォームにもなるように構築されていますので、県に情報を提供し『ふじのくにオープンデータカタログ』に掲載することで、市独自で公開に取り組むより、広く二次利用者の目に触れる展開が期待されます。 

裾野市のオープンデータ

公開中のオープンデータ一覧

本一覧は、オープンデータを活用して最新の情報が表示されます。

オープンデータのライセンスについて

裾野市で公開している情報は以下のライセンスとします。

ライセンスのアイコン

本ページで明示的に公開されているデータ作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示することを主な条件とし、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンス(下記リンクから転載)です。

範囲に従って、広くご活用ください。

利用規約

関連項目

データ公開先サイト(関連リンク)

ふじのくにオープンデータカタログのバナー
Link DATAのバナー

ホームページへは次のリンクをクリックしてください。

CityDataのバナー

ホームページへは次のリンクをクリックしてください。

マッシュアップアプリ(外部リンク)

マッシュアップアプリ 詳細
名称 概要 提供者 プラットフォーム

「避難所を探す」アプリ

スマホで、現在位置から最短の広域避難地までの道案内をしてくれるアプリです。 株式会社jig.jp 福野泰介さん WEBサービス
Windows8用 AED検索 AEDの設置位置への道案内や情報が表示されるWindows8用アプリです。 HATSUNE, Akira Windows8 アプリ
G-motty Mobile(ジモッティ・モバイル) (iOS版) 裾野市のオープンデータをはじめ、さまざまな地域情報を検索し閲覧できます。コンセプトは「地域情報を発信したい全ての人へ」「地域情報を知りたい全ての人へ」です。 ESRIジャパン iOS用 アプリ
G-motty Mobile(ジモッティ・モバイル) (Android版) 裾野市のオープンデータをはじめ、さまざまな地域情報を検索し閲覧できます。コンセプトは「地域情報を発信したい全ての人へ」「地域情報を知りたい全ての人へ」です。 ESRIジャパン Android用 アプリ
G-motty 地域情報カタログ(β) 裾野市のオープンデータをはじめ、さまざまな地域情報を検索し閲覧できます。コンセプトは「地域情報を発信したい全ての人へ」「地域情報を知りたい全ての人へ」です。 ESRIジャパン WEBサービス
全国水利台帳
・iOS版(iPhone, iPad)
・Android版
火災の際に必要な水利(防火水槽や消火栓)の情報をオープンデータを活用し閲覧できるアプリです。スマホならではの、位置情報と連携した水利の確認や火点(火災現場)周辺の水利の確認が出来ます。 PlaceOn スマホ用アプリ
避難地アプリ二次元コードの画像

「避難所を探す」アプリ 二次元コード

逆マッシュアップアプリ(外部リンク)

公開されている位置情報と、その周辺の混雑度を簡易的に表記するマップです。最新のブラウザをご利用ください。

初版公開:平成25年11月19日

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1804
ファクス:055-995-1861

企画政策課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年01月18日