ようこそ!『健康文化都市』裾野市へ

ようこそ!『健康文化都市』裾野市へ

 裾野市は静岡県の東、富士山のふもとに広がり、東には箱根外輪山、西には愛鷹連山と豊かな自然に囲まれた工業のまちです。
人口は53,078人(平成27年4月1日現在)、面積は138.12平方キロメートル。気候は温暖で、交通の便も良く、豊かな自然と産業が調和したまちです。
 また、裾野市は『健康文化都市』を宣言し、誰もが健康で、人と自然のふれあいを大切にして、豊かな裾野の文化を作り続けることを目指しています。
 そして、わたしたちの一番の自慢は雄大な富士山の眺望です。稜線が最も美しく、優雅で、気品に満ちた四季折々の富士山を、ぜひご覧ください。

裾野市位置
雪の残る富士山を背景に緑の葉が茂る木々の写真

健康文化都市宣言

(平成7年12月2日宣言)

わたくしたち裾野市民は、麗峰富士のもと、あふれる緑と清流、そして温暖な気候に恵まれた自然の恩恵を享受しています。

この豊かな自然環境を守り、健やかで活気に満ちた人生を、地域をきずきあげることは、わたくしたち全ての願いです。

市民一人ひとりの創意と工夫により、健康的な生活習慣を身につけ、「すがすがしく、すこやかに、たすけあいに生きるまちづくり」をめざし、ここに「健康文化都市すその」を宣言します。

平和都市宣言

(平成27年12月9日宣言)

裾野市は、人間性豊かな平和都市を理想とした市民憲章のもと、富士山をはじめとする美しい自然に恵まれたなかで、住みよいまちを育んできました。
この豊かなふるさとを次の世代に引き継いでいくことは、わたしたちの使命であり、また、世界の恒久平和を実現させることは、人類共通の願いです。
しかし、世界では現在も紛争が繰り返され、核兵器の存在が人類の未来に深刻な脅威と不安をもたらしています。
わたしたちは、世界で唯一の被爆国の国民として、戦争の記憶を風化させることなく、核兵器の廃絶と平和な世界を強く望むものです。
戦後70年の節目にあたり、わたしたち裾野市民は、未来を担う子どもたちに、戦争の悲劇と平和の大切さを伝え続け、一人ひとりが安心して暮らせる平和な社会の実現に向けて不断の努力を続けることを誓い、ここに「平和都市」を宣言します。

四季の移り変わり

春~緑芽吹き ひと こころ浮き立つ~

春写真

富士の雪解けは、地に緑を呼び、花や鳥たちを迎えます。私たちは、こころから春のおとずれをよろこび、裾野に笑顔と彩りの季節が始まります。

夏~ひかりまぶしく ひと 躍動する~

夏写真

刺すような日差しは、富士をきらめかせ、高原の風を誘います。私たちは、夏のエネルギーを全身に浴び、裾野は力強く、活気に満ちた季節になります。

秋~大地きらめき ひと あざやかに~

秋写真

一面のすすきの海が波打ち、稲穂が黄金色に染まるころ、富士は日に日に彩りをかえます。私たちも、祭りに、芸術にと、染まりゆく秋色に劣らぬ輝きを見せます。

冬~風透きとおり ひと こころ暖かく~

冬画像

透きとおるような冷気の中、白い衣を厚くまとう富士は、厳しさと美しさを持って全てのものを見守ります。そんな冬も、私たちには、楽しくひとがふれあう、心暖まる季節となります。

市民憲章

昭和56年8月1日 告示第47号 わたくしたち裾野市民は、麗峰富士のもとその気高く美しい姿のように、人間性豊かな平和都市を理想として、この憲章を定めます。

  • 働くことに喜びをもち、明るく健康なまちをつくります。
  • 思いやりの心で、住みよいまちをつくります。
  • 秩序をまもり、平和で安全なまちをつくります。
  • 恵まれた自然を大切にし、美しいまちをつくります。
  • 伝統を生かし、創造性をつちかい、文化のまちをつくります。

市章

市章

昭和32年9月18日制定
スソノの「ス」を星型に5つ組み合わせ、外側の結合部は日本の象徴でもある富士の麗峰を型どっています。
スを5つ組み合わせたのは、富士の裾野の旧5か村が固く団結することを表わし、中央の円は、平和に栄えることを表わしたものです。

市の木・花・鳥

昭和47年9月22日 制定

市の木:スギ

スギは、幹が直立していることから「す(直)き(木)」また、すくすく立つ木の意味といわれています。まっすぐに、素性よくすくすく育ち、樹木の中では寿命が長く、市内には樹齢400年を超える巨木もあります。

杉の木

市の花:アシタカツツジ

愛鷹山(あしたかやま)や天子ケ岳(てんしがたけ)に自生する珍しいツツジです。落葉低木ですが、越前岳にはかなり大きいものもあります。花弁は、径3センチメートル内外で紅紫色、純粋種は雄しべの数が10本です。分布は標高800メートル~1,500メートルの間にみられます。

アシタカツツジ

市の鳥:ウグイス

スズメよりやや小さい鳥で、「春告鳥」の別名があるように、早春、ウメの咲くころになると「ホーホケキョ」と美声で鳴くようになりますが、「法華経」と聞こえることから、「経読鳥(きょうよみどり)ともいわれています。

ウグイス

裾野市の地理概要

裾野市の地理概要一覧
面積 138.12平方キロメートル
東西の広がり 23.5キロメートル
南北の広がり 23.0キロメートル
標高 78.5メートルから2,169メートル

裾野市のその他情報

(人口、気象情報 など)

この記事に関するお問い合わせ先

戦略広報課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1802
ファクス:055-992-1546
戦略広報課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年03月27日