未熟児養育医療

出生時体重2,000グラム以下または生活力が特に薄弱な子どもで、指定養育医療機関の医師が入院養育を必要と認めた場合、その治療に必要な医療費を市が負担する制度です。

対象者

裾野市内に住所を有する1歳未満の乳児で次に掲げるいずれかの症状を有し、医師が入院養育を必要と認めたもの。

  1. 出生時体重が2,000グラム以下のもの
  2. 生活力が特に薄弱であって次に掲げるいずれかの症状を示すもの
    ・一般状態
     1.運動不安、けいれんがあるもの
     2.運動が異常に少ないもの
    ・体温
    摂氏34度以下のもの
    ・呼吸器、循環器系
     1.強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
     2.呼吸数が毎分50を超えて増加傾向にあるか、または毎分30以下のもの
     3.出血傾向の強いもの
    ・消化器系
    1.生後24時間以上排便のないもの
    2.生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
    3.血性嘔吐、血性便のあるもの
    ・黄疸
    生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

給付の範囲

未熟児養育医療の対象となった治療費などは市が負担するので、医療機関の窓口で支払う必要はありませんが、世帯の所得税額などに応じて自己負担額が生じます。
ただし、この自己負担額は全額が乳幼児医療費助成制度の対象となります。

申請手続き

未熟児養育医療の対象となった場合は、必要な書類を揃えて入院中に子育て支援課に申請してください。

申請に必要なもの

  • 養育医療給付申請書

(注釈)受付窓口にあります。申請時に記入してください。

  • 世帯調書

(注釈)受付窓口にあります。申請時に記入してください。

  • 養育医療意見書

(注釈)指定養育医療機関の担当医師が作成します。

  • 健康保険証(本人のもの。手続き中の場合は、入る予定の保険証)
  • 乳児本人および世帯構成員全員のマイナンバーカードまたは個人番号通知カード
  • 窓口で申請する方の本人確認ができる書類(免許証など)
  • 認め印(スタンプ式は不可)

申請日が1月~6月の場合

生計を一にする世帯員および世帯外扶養義務者で前年1月1日に裾野市に住所のない方

  • 所得税額などを証明する書類

前年1月1日に裾野市に住所のない方全員の証明書が必要です。
前々年分の所得に基づく前年度課税を証明する書類が必要となります。

申請日が7月~12月の場合

生計を一にする世帯員および世帯外扶養義務者で当年1月1日に裾野市に住所のない方

  • 所得税額などを証明する書類

当年1月1日に裾野市に住所のない方全員の証明書が必要です。
前年分の所得に基づく当年度課税を証明する書類が必要となります。 


(注釈)所得税額などを証明する書類とは

  • 会社員などで給与収入があり、確定申告をしていない方...源泉徴収票の写し(お手元にない場合は会社などで再発行してもらってください。)
  • 自営業の方や確定申告をした方...税務署発行の「納税証明書(その1)」または申告書の写し
  • 市町村民税、県民税が非課税の方...市町村民税・県民税証明書
    1月1日現在(申請時期が1月~6月なら前年、7月~12月なら今年)の住所地が裾野市の方は提出不要です。

乳幼児医療費助成

未熟児養育医療は家族全員の所得税に応じた自己負担金を市に支払うことになっていますが、この負担金は全額が乳幼児医療費助成の対象となり、未熟児養育医療と同時に乳幼児医療費助成の申請をすることで、負担金を納める必要がなくなります。

  • 乳幼児医療費助成申請書
  • (2枚目)充当依頼書...一部負担金に乳幼児医療費助成を充当するために記入してもらいます。

申請後の流れ

申請書類提出後、承認されると1~2週間ほどでご自宅に「養育医療券」が届くので、医療機関に提出してください。
退院後、自己負担金額が決定しますが、乳幼児医療費の助成の対象となりますのでお支払の必要はありません。

保健師の家庭訪問

子どもの健やかな発育のために、裾野市の保健師が家庭訪問し、体重測定や子育てについて話を伺うなどします。母子健康手帳別冊の「新生児出生通知書・低体重児出生届」を出生届けの際に提出してください(市役所窓口もしくは郵送で提出)。

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所1階
電話:055-995-1841
ファクス:055-992-3681

子育て支援課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年03月27日