振り込め詐欺に注意

近年、全国で振り込め詐欺が多発しています。

県内、市内でも多くの被害が報告されています。

振り込め詐欺の被害に遭うのは、一部の不注意な人ではありません。
振り込め詐欺の存在は知っていても、騙されうる犯罪です。
お金を求める内容の電話などは、サギ電話を疑い、事実関係を家族、警察にすぐ相談し、被害に遭わないようにしましょう。

手口を知ることで被害を防止

振り込め詐欺等を撃退するために、まずは、振り込め詐欺等のいろいろな手口を知りましょう。

手口の内容については次のとおりです。

振り込め詐欺の手口と主な被害者層

詐欺の種類

手口

主な被害者層

オレオレ詐欺

息子などの家族や警察官を装って、会社のお金を使い込んだ等のトラブル解決目的に見せかけ、現金を騙し取る。 犯人が直接自宅に来る、駅等で待ち合わせをする等して、現金やキャッシュカードを騙し取る。

70~80歳代で、女性が全体の約8割

架空請求詐欺

はがきや電話・メールなどで架空の事実を口実とし、料金等の支払いを要求して現金を騙し取る。

60~70歳代で、女性が全体の約6割

融資保証金詐欺

有利な金利で融資を持ちかけて、保証金やデータ抹消手数料の名目で金を騙し取る。

40~70歳代と幅広く、男性が全体の約6割

還付金等詐欺

役所や公的機関等の職員と偽って、税金等の還付があるからとATMを操作させ、現金を騙し取る。

70歳代が多く、女性が全体の約7割

 
この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所1階
電話:055-995-1817
ファクス:055-992-4447

危機管理課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2018年06月04日