市営住宅からの暴力団員の排除(平成20年10月20日施行)

平成20年(2008年)10月20日、沼津警察署(注釈1)と管内2市2町(裾野市、沼津市、長泉町、清水町)は、連携して安心、安全のまちづくりを進めるため、市営住宅から暴力団を排除することを目的とした「市営住宅における暴力団排除に関する協定」を結びました。

(注釈1)平成25年(2013年)4月1日に裾野警察署が開署したため、現在は裾野警察署に引き継がれています。

市営住宅における暴力団排除に関する協定

 平成19年(2007年)4月、東京都町田市の公営住宅で、暴力団員による立てこもり発砲事件が発生しました。市では、市営住宅入居者および周辺住民の生活の安全と平穏を確保するため、市営住宅に暴力団は入居させないことを目的に、平成20年9月4日に裾野市営住宅条例の改正を行いました。また、沼津警察署と緊密な連携を図るために「裾野市営住宅における暴力団排除に関する協定」を締結するため、10月20日に、管内2市2町(裾野市、沼津市、長泉町、清水町)とともに合同調印式を行いました。

 このことにより、市では以下のことができるようになりました。

  • 市営住宅入居希望者や入居者が暴力団員であるかどうかについて警察に照会することができる。
  • 暴力団員の市営住宅への入居を拒否することができる。
  • 市営住宅への入居後に暴力団員と判明した場合、退去を求めることができる。
  • 暴力団員から不法行為などを受けるおそれがあるときは、警察署長に対して、必要な支援を要請することができる。
平成20年10月20日に沼津市役所で行われた合同調印式の写真

「市営住宅における暴力団排除に関する協定」合同調印式(平成20年10月20日沼津市役所で)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 建築住宅係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1856
ファクス:055-994-0272

まちづくり課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年05月24日