すそのびとNo.1 大庭康嗣『サイクリストの裾野を広げたい』

すそのビト01大庭康嗣さん

富士山裾野自転車倶楽部 部長
大庭 康嗣さん(町田・45歳)

市内で初めてJCA公認サイクリングガイドに登録された大庭康嗣さんは、幼い頃から体を動かすことが大好きで、高校時代にはオーストラリア留学し、さまざまなスポーツを経験しました。「自然環境を意識するようになり自転車で通勤することにしたことが自転車に乗るきっかけでした」と語る大庭さん。以来、自転車を競技スポーツとして取り組みました。トレーニングに励み、トライアスロン大会で優勝を収めたこともある実力者です。富士山裾野自転車倶楽部の活動の様子

そんな大庭さんに転機が訪れたのは、知人に誘われて参加したファンライド。「グループで乗ることがこんなに楽しいものかと感動し、自転車で人を楽しませたいという気持ちが芽生えました」と語ります。その頃知り合った仲間で、富士山裾野自転車倶楽部を立ち上げました。公認サイクリングガイドの登録は検定試験があり、厳しい基準をクリアすると公認資格を取得できます。「何度も挫折しそうなりましたが、仲間の協力や励ましで合格することができました」と振り返ります。「このライセンスと仲間たちで、自転車文化の裾野を広げていきたい」と夢の一歩を踏み出した大庭さん。「最終的な夢は“三途の川を自転車で渡ること”」とさわやかな笑顔は、また何かを企てているようにも見えました。

この記事に関するお問い合わせ先

戦略広報課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1802
ファクス:055-992-1546
戦略広報課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年04月04日