その他の国民健康保険の給付

移送の費用がかかったときは

医師の指示で入院や転院のため移送費用がかかった場合や、緊急でやむを得ないときに行った移送の費用のうち、国民健康保険が必要と認めた額が移送費として支払われます。

請求に必要な物

  • 国民健康保険被保険者証
  • 領収書(移送区間、距離、方法のわかるもの)
  • 医師の意見書
  • 口座番号がわかるもの
  • はんこ

国保加入者が出産したときは

国民健康保険の方が出産した場合、出産育児一時金の支給が受けられます。出産育児一時金は、妊娠85日以上であれば死産・流産の場合でも支給できます。
ただし、出産した方が出産したときから6カ月前に、本人が被保険者として社会保険などに1年以上加入していたときは、前の社会保険などから出産育児一時金が支払われますので支給の対象にはなりません。
出産育児一時金は、出産する分娩機関に申し出て、出産費用に充てる「直接払制度」と、出産費用は別に支払い、後で請求する「事後払い」があります。

出産育児一時金の直接払制度

国民健康保険に加入している方が出産するときに、出産を行う分娩機関に申し出を行い、出産育児一時金を医療機関の支払に充てる制度です。出産育児一時金の金額は42万円です。
出産後、分娩機関が国民健康保険に出産育児一時金の範囲内で、国民健康保険に請求するため、出産の費用を用意する金額が少なくすることができます。
分娩費用が出産育児一時金の範囲を超えた場合、超えた分を分娩機関にお支払ください。また、出産育児一時金の額に満たなかった場合は、差額を事後払制度により支給します。

出産育児一時金の事後払制度

国民健康保険に加入している方が、出産したときに申請により支給されます。支給金額は42万円です。出産育児一時金の額に満たなかった場合の差額申請も、この事後払制度での申請になります。出生のお手続き(住民異動届)後の申請になります。

請求に必要な物

  • 保険証(被保険者証)
  • 口座番号がわかるもの
  • はんこ(世帯主のもの)
  • 出生証明書など、出生を証明できるもの(他の市区町村に出生届を提出した場合)
  • 出産したことを証明するもののコピーなど(市外の役所などに届け出た場合や死産・流産の場合)

国保の加入者が亡くなったときは

国保の加入者の方が亡くなったときは、申請により、葬祭を行う方(喪主や施主など)に葬祭費を支給します。

請求に必要な物

  • 保険証(被保険者証 返却済の場合は不要)
  • 葬祭主の口座番号がわかるもの
  • 葬祭主のはんこ
この記事に関するお問い合わせ先

国保年金課 国保係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所1階
電話:055-995-1814
ファクス:055-995-1799

国保年金課(国保係)へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年03月27日