請求で行う保険給付

保険証(被保険者証)を持たずに医療を受けたときは

事故や急病などでやむを得ず被保険者証を持たずに医療機関で治療を受けたとき、あるいは国民健康保険への切替手続きのはざ間などで、国民健康保険の被保険者証を手にする前に医療機関にかかったときなどは、医療機関で保険の10割額で請求を受けることがあります。このような場合は、いったん全額を医療機関に支払い、あとで国民健康保険の窓口に請求します。

請求に必要な物

  • 保険証(被保険者証)
  • 領収書と診療内容の明細書
  • 口座番号がわかるもの(世帯主名義)
  • はんこ

治療用装具(コルセットや義足など)を作ったときは

治療のため、コルセットなどの補装具を作成したときは、一部を保険に請求することができます。

請求に必要な物

  • 保険証(被保険者証)
  • 領収書と装具の明細
  • 医師の診断書か証明書
  • 口座番号がわかるもの(世帯主名義)
  • はんこ

国保を扱っていない柔道整復師の施術代は

国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたときは、保険で施術代の一部が負担されます。

請求に必要な物

  • 保険証(被保険者証)
  • 明細のわかる領収書
  • 口座番号がわかるもの(世帯主名義)
  • はんこ

医師から指示されたはり・きゅう・マッサージ代は

医師が必要と認めた はり・きゅう・マッサージの施術を受けたときは、保険で施術代の一部が負担されます。

請求に必要な物

  • 保険証(被保険者証)
  • 医師の同意書
  • 領収書(施術の内容がわかるもの)
  • 口座番号がわかるもの(世帯主名義)
  • はんこ

海外で急病になったときの治療代は

国民健康保険に加入の方が海外渡航中に医療機関にかかったときには、費用の一部を保険に請求できます。この場合、海外での医療の内容を国民健康保険の診療の金額に換算し直し、保険給付額を決定します。ただし、治療目的の渡航や、長期で海外で生活されるなど、海外に転出すべき渡航中の医療は対象にはなりません。

請求に必要な物

  • 保険証(被保険者証)
  • 診療内容の明細書と領収明細書(翻訳を添付)
  • 口座番号がわかるもの
  • はんこ
この記事に関するお問い合わせ先

国保年金課 国保係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所1階
電話:055-995-1814
ファクス:055-995-1799

国保年金課(国保係)へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年03月27日