医療機関にかかるときは

医療機関にかかるときは、保険証(被保険者証)を医療機関に提示してください。医療費の一部を医療機関の窓口で負担することで医療を受けることができます。ただし、次のような場合は保険証が使えなかったり、給付が制限されたりすることがあります。

  • 健康診断や予防注射、美容整形、歯列矯正、正常な妊娠・出産など、健康な状態での医療
  • 仕事上の病気やけが(労災対象のもの)や犯罪・故意の事故、けんかや泥酔による病気や事故

医療機関にかかるときの自己負担

医療機関にかかるときの自己負担は被保険者の年齢や所得などの状況により割合が決められています。

なお、ここでいう医療費とは、保険診療による医療費で、食事代や室料差額、ベッド代、保険のきかない医療費などは含みません。

自己負担割合の表

対象者

自己負担割合(保険診療)

義務教育就学前

2割

義務教育就学後から70歳到達の月まで

3割

70歳到達の翌月から75歳未満

高齢受給者証の示す割合(1割または2割または3割)

高齢受給者証と70歳以上の方の医療費の負担

高齢受給者証は、70歳以上75歳未満の方の自己負担割合を明記するものです。高齢受給者証が交付されている方が医療機関で診療を受ける場合には、保険証(被保険者証)と一緒に高齢受給者証を医療機関に提示してください。高齢受給者証に記載されている自己負担割合で医療を受けることができます。なお、高齢受給者証は、前年の所得を基に負担割合を決定します。このため、毎年8月1日に更新されます。

70歳以上75歳未満の人の自己負担割合

70歳以上75歳未満の人の自己負担割合の表
対象 割合
現役並み所得者以外(昭和19年4月1日以前生まれの方)
1割
現役並み所得者以外(昭和19年4月2日以降生まれの方) 2割
現役並みの所得者
3割

(注釈) 一定の障害があると認定され、後期高齢者医療制度の対象となった人は除く。

高齢受給者証の交付手続き

高齢受給者証は国民健康保険加入者の年齢により交付されます。誕生日の月(1日生まれの方は前月)に交付会を開催し、高齢受給者証をお渡しします。交付会の開催前にお知らせのはがきを郵送しますので、お知らせが届いた方は、会場にお集まりください。なお、他の市区町村から転入されたり、社会保険などから裾野市の国民健康保険に加入されたりする場合は、収入状況がその場でわかる場合に限り、国民健康保険の保険証(被保険者証)の交付時にお渡しします。

高齢受給者証が3割負担の方(「現役並み所得者」といいます)

  • 同一世帯に住民税の課税所得が145万円以上ある70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる場合。

ただし、70歳以上75歳未満の国保被保険者の収入合計が2人以上の場合は520万円未満、1人の場合は383万円未満のときは、申請により2割(昭和19年4月1日以前生まれの人は1割)負担となります。

入院時食事療養費

国保に加入している方は、入院したときに食事代として費用の一部(食事療養標準負担額)を負担し、残りの費用は食事療養費として国保が負担します。

入院時の食事代の標準負担額【食事療養標準負担額】(1食当たり) 

食事療養標準負担額(1食当たり) の表
対象者 金額
市民税課税世帯の方 460円
市民税非課税世帯の方(過去12カ月の入院日数が90日以下の場合) 210円
市民税非課税世帯の方(過去12カ月の入院日数が90日を超える場合) 160円
市民税非課税世帯に属し、所得が一定の基準に満たない70歳以上の方(低所得1) 100円

入院時食事療養費にかかる手続き

国保に加入している市民税非課税世帯の方は、国保年金課の窓口で「限度額適用・標準負担額減額認定証」または「標準負担額減額認定証」(以下「認定証」という。)の交付申請を行ってください。入院前に医療機関窓口に「認定証」を提示することで、標準負担額が減額されます。

「認定証」をやむを得ない事情で提示できなかった場合は、差額の支給申請をすることができます。

差額の支給申請については、国保年金課へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

国保年金課 国保係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所1階
電話:055-995-1814
ファクス:055-995-1799

国保年金課(国保係)へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2018年04月05日