マイナンバー(個人番号)を送付します

平成27年10月以降に住民登録された方は、マイナンバーを通知する「通知カード」が配布されます。
大切に保管してください。

マイナンバーは簡易書留で届きます。

届いたら中を確認しましょう。
中には以下の4つが入っています。

  • 「通知カード」
  • 「個人番号カード」の申請書
  • 「個人番号カード」の申請用の返信用封筒
  • マイナンバーについての説明書類

大切な書類です。間違って捨てないでください!

出生した方の通知カード

平成27年10月以降に出生した方については、個別に通知カードを送付しています。
出生の届け出から1カ月前後で出生届に記載の住所へ簡易書留で送付されます。

(注釈)郵便局に出生の届出がない場合、お届けできないことがあります。出生届とあわせて郵便局への届け出もお願いします。詳しくは郵便局へお問い合わせください。

通知カードをお受取りできなかった場合

  • 通知カードは簡易書留で郵送されます。お届けの際に不在だった場合は、不在連絡表が投函されます。不在連絡表に記載の保管期限までに再配達を依頼するか、郵便局でのお受取りをお願いします。(再配達、受取りについては郵便局へお問い合わせください。)
  • 郵便局での保管期限経過後は、市役所市民課で保管されます。お早目に受取りをお願いします。

マイナンバーカードの交付を申請しましょう。

1枚で本人確認が可能な「マイナンバーカード(個人番号カード)」は、表面に氏名・住所・生年月日・性別・顔写真・裏面にマイナンバーなどが記載され、ICチップが搭載されたプラスチックのカードです。番号の通知の際に申請書が同封されますので、申請によりマイナンバーカードの交付を受けることができます。

マイナンバーカードを受け取りましょう。

市民課の窓口でお受取りできます。

  • 入院や寝たきりなどやむを得ない理由を除き、本人に限ります。
  • 15歳未満の方は親権者等の法定代理人も同行してください。

受け取りの際は、次のものをお持ちください。

  • 「通知カード」(紙製で緑色のもの)
  • 申請後に届く「交付通知書(はがき)」
  • 運転免許証などの「本人確認書類」

(注釈)住民基本台帳カードをお持ちの方は、返却が必要です。

通知カードとマイナンバーカードの違い

通知カード

紙製で緑色のカードです。券面に氏名、住所、生年月日、性別(基本4情報)、マイナンバーが記載されます。
このカードは、全ての方に送られます。顔写真が入っていませんので、本人確認のときには、別途顔写真が入った証明書などが必要になります。

マイナンバーカード(個人番号カード)

  • 券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーなどが記載され、本人の写真が表示されます。平成27年10月以降に通知カードでマイナンバーが通知された後に、市区町村に申請すると、マイナンバーカードの交付を受けることができます。
  • このカードは、本人確認のための身分証明書として利用できます。カードのICチップに搭載された電子証明書を用いて、e-Tax(国税電子申告・納税システム)をはじめとした各種電子申請を行うことができます。また、住んでいる自治体の図書館利用証や印鑑登録証など各自治体が条例で定めるサービスにも使用できます。
  • カードに搭載されるICチップには、券面に書かれている情報のほか、電子申請のための電子証明書は記録されますが、所得の情報や病気の履歴などの機微な個人情報は記録されません。そのため、個人番号カード1枚から全ての個人情報が分かってしまうことはありません。

関連リンク

関連資料

この記事に関するお問い合わせ先

市民課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所1階
電話:055-995-1812
ファクス:055-993-6872

市民課(窓口)へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年03月27日