戦没者などの遺族の人に特別弔慰金を支給

戦後75年にあたり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者などの尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者などのご遺族に第十一回特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。

支給対象者

戦没者などの死亡当時のご遺族で、2020年4月1日に公務扶助料や遺族年金などを受ける人がいない場合に、次の順番による先順位の遺族の人一人に支給。

  1. 弔慰金の受給権者
  2. 戦没者などの子
  3. (1)父母 (2)孫 (3)祖父母 (4)兄弟姉妹 (注釈)戦没者などと生計関係を有していなかった方などは除きます
  4. 上記3以外の(1)父母 (2)孫 (3)祖父母 (4)兄弟姉妹
  5. 上記1から4以外の三親等内の親族 (注釈)戦没者などの死亡当時まで引き続き1年以上生計関係を有していた方に限ります

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期間

2020年4月1日~2023年3月31日

(注釈)請求期間を過ぎると第十一回特別弔慰金を受けることができなくなります

(注釈)請求期間内であれば、受け取れる金額は同額です

請求窓口

社会福祉課

その他

  • 現在、日本国内で新型コロナウイルスの感染が拡大しており、全国に緊急事態宣言が出されています。第十一回特別弔慰金の請求期間は、2023年3月31日までの3年間となっていますので、窓口での集団感染のリスクを避けるためにも、混雑が予想される4~5月の請求を可能な限り避け、なるべく状況が落ち着いてからのお手続をご検討ください。

(注釈)2025年4月1日を基準日とする特別弔慰金は、2025年4月1日から請求受付を開始する予定です。

この記事に関するお問い合わせ先

社会福祉課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所1階
電話:055-995-1819
ファクス:055-992-3681

社会福祉課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年04月27日