東京2020オリンピック聖火リレーの詳細ルートが公表されました!

東京2020オリンピック競技大会組織委員会より、東京2020オリンピック聖火リレー裾野市ルートの詳細が2021年3月2日(火曜日)に公表されました。

東京2020オリンピック聖火リレー裾野市ルート公表についての市長コメント

この度、大会組織委員会からオリンピック聖火リレーの詳細ルートが公表されました。延期後、改めてルートが公表されたことを東京2020オリンピック自転車競技ロードレースの開催市としまして大変嬉しく思います。

市内のルートは、日本開催のオリンピック聖火リレーとして大変相応しく、日本の象徴、世界遺産富士山を間近に望む裾野市運動公園から、「みらい」を見据え研究・開発に取り組むトヨタ自動車株式会社東富士研究所様を結びます。

聖火リレーの成功に向けて、引き続き、大会組織委員会や県などの関係機関と連携し、コロナ禍におきましても安全・安心を最優先とした大会運営に努めてまいります。

東京2020オリンピック聖火リレー裾野市ルート

裾野市のルート区間は、裾野市運動公園陸上競技場のトラックをスタートし、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーであるトヨタ自動車株式会社の東富士研究所前第2駐車場をゴールとするコースです。
スタート地点の裾野市運動公園陸上競技場では、美しい富士山の眺望を拝むことができます。日本一の富士山の麓を走行するルートであり、日本開催のオリンピック聖火リレーにふさわしい場所です。

東京2020オリンピック聖火リレー静岡県開催の日程およびルートにつきましては、大会組織委員会ウェブサイトにも掲載されています。

交通規制

聖火リレーのルートと周辺道路では、開始約2時間前から終了までの時間、交通規制を実施する予定です。
関係者の皆様にはご不便をおかけしますが、東京2020オリンピックの成功に向け、ご理解・ご協力をお願いします。
聖火リレーの開始・終了時間と規制道路、迂回路などの交通規制計画については、現在、大会組織委員会や県警察などと調整を行っています。詳細な内容が決まり次第、改めてお知らせします。

東京2020オリンピック聖火リレーの概要

静岡県を走行する日程 2021年6月23日(水曜日)~2021年6月25日(金曜日)

裾野市を走行する日程 2021年6月25日(金曜日)

聖火リレーに関する情報は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ウェブサイトをご覧ください。

オリンピック聖火リレーとは

ギリシャ・オリンピアの太陽光で採火された炎を、ギリシャ国内と開催国内でリレーによって開会式までつなげるものです。 オリンピックのシンボルである聖火を掲げることにより、平和・団結・友愛といったオリンピックの理想を体現し、開催国全体にオリンピックを広め、きたるオリンピックへの関心と期待を呼び起こす役目を持っています。
近代オリンピックでは、パリ1924大会まで聖火はありませんでした。
アムステルダム1928大会の際、スタジアムの外に塔を設置し、そこに火を灯し続けるという案が採用されたことが契機となり、現在のような聖火が誕生しました。
聖火は大会の数カ月前に古代オリンピックの聖地であるオリンピアの遺跡であるヘラ神殿前で採火されます。その後、多くの人によって開催地まで運ばれ、開会式当日に、最終ランナーによってメインスタジアムの聖火台に点火され、大会が終わるまで灯し続けられます。(東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ウェブサイトから)

東京2020オリンピック聖火リレーコンセプト

Hope Lights Our Way 希望の道を、つなごう。

東京2020聖火リレーのコンセプトは、Hope Lights Our Way (英語) / 希望の道を、つなごう(日本語)です。
支えあい、認めあい、高めあう心でつなぐ聖火の光が、新しい時代の日の出となり、人々に希望の道を照らしだします。(東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ウェブサイトから)

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 オリンピック・パラリンピック推進室
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1825
ファクス:055-995-1864

産業振興課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年03月02日