新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行

海外渡航時に新型コロナウイルスワクチンを接種したことを証明する「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」を交付します。

新型コロナウイルスワクチンを2回接種した人で、海外渡航の予定がある人は申請してください。証明書の発行は、申請から1カ月程度かかる場合があります。

(注釈)
現時点では、海外渡航の予定がある人のみが対象です。
新型コロナウイルスワクチンの接種をした人は、接種券に付いている「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」や「新型コロナワクチン接種記録書」で接種済みであることを示すことができます。

対象者

以下の条件を満たす人 

  1. 接種時に裾野市民であって、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けた人
  2. 日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から本証明書を必要とする人

注釈:接種証明書を提示することで入国時の防疫措置の緩和などがなされる国・地域については、外務省海外安全ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

申請方法

以下の必要書類を健康推進課に直接お持ちになるか、郵送で申請してください。

注釈:郵送の場合は必ず切手貼付した返信用封筒(返送先は住民票の住所地に限る)を同封してください。送付用封筒の表には、赤で大きく「ワクチンパスポート申請」と書いてください。

必要書類

必須書類

  1. 申請書
  2. 旅券(パスポート)の写し(有効期限が切れていないもの)
  3. 接種券(「予診のみ」部分が含まれているもの)またはマイナンバーが確認できる書類の写し
  4. 本人確認書類の写し(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  5. 新型コロナウイルスワクチン接種済証または接種記録書の写し

場合によって必要な書類

  • 旅券に旧姓、別姓、別名(英字)の記載がある場合
    旧姓、別姓、別名(英字)が確認できる本人確認書類
  • 代理人による請求の場合
    本人の自著による委任状および委任を受けた人の身分証明書の写し
  • 郵送による発行希望の場合
    返信用封筒(表面に返送先の住所と氏名を記載の上、切手を貼付してください。返送先は住民票の住所地に限ります)

注釈:個別の事情により、上記以外の書類の提出を求めることがあります。

送付先

裾野市健康推進課

〒410-1117 裾野市石脇524-1

注意

  • 転出・転入した場合、申請先の自治体が異なる場合があります。接種のタイミングによって異なるため、健康推進課にお問い合わせください。
  • 住所地外接種届を提出し、住民票のある自治体の接種券を用いて裾野市で接種した人は、住民票のある自治体に申請してください。
この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課
〒410-1117 静岡県裾野市石脇524-1 福祉保健会館1階
電話:055-992-5711
ファクス:055-992-5733

健康推進課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2021年08月08日