1月23日 富士裾野アマチュア無線クラブが裾野市制施行50周年記念局の運用を開始

電波に乗せて50周年を広く発信

富士裾野アマチュア無線クラブ(荻野哲会長)は、裾野市制施行50周年記念局(コールサイン:8J2SUSON)の運用を開始することとなり、キックオフイベントとして、1月23日(土曜日)に裾野市役所で公開運用を行いました。

この記念局は、裾野市制施行50周年を記念し、同クラブが所定の手続きを経て開設したもので、今年の12月末日までの期間限定で運用されます。今後は週末などを利用し、生涯学習センターや市民文化センターでの公開運用も検討しているということです。

荻野会長は「富士山のふもとと言えば、世界中の人が場所を分かってくれます。その富士山のふもとにある裾野市が50周年を迎えたことを電波に乗せて広く発信できればと思います。アマチュア無線の免許を持っている人は誰でも参加できますので、この機会に気軽に体験してほしいです」と話しました。

また、イベントにはアマチュア無線1級の資格を持つ高村市長も参加しました。「皆さんのように、今後も民間団体や地域の皆さんとともに50周年をお祝いできればと思います」と話したあとで、自らマイクを握り、交信を行いました。

記念局と無線クラブメンバー
マイクを持つ高村市長
この記事に関するお問い合わせ先

戦略広報課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1802
ファクス:055-992-1546
戦略広報課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2021年01月26日