裾野市データ利活用推進本部

近年、全国的に従来の経験に基づく政策立案から、明確な根拠(データ)に基づいた政策立案が求められています。

裾野市としても、データを利活用した施策立案によって、当該施策の妥当性についての市民の皆さまへの説明責任を果たすことや施策の効果を最大限高められることといったメリットが得られることが考えられるため、データを利活用した政策立案を全庁的に推進します。

裾野市データ利活用推進本部

本部体制

データを利活用した政策立案を全庁的に推進するため、平成30年8月29日付で以下のとおり推進本部を設置しました。

裾野市データ利活用推進本部
組織名 裾野市データ利活用推進本部
体制
  • 本部長:市長
  • 副本部長:副市長・教育長
  • 本部員:庁議メンバー
  • 事務局:企画政策課
所掌事務
  • データを利活用した政策立案の推進に関すること
  • データの標準化の推進に関すること

設置要領のダウンロード

ロゴマーク

裾野市データ利活用推進本部を設置(2018年8月)し、データ利活用の推進体制を構築しました。取り組みの推進にあたり、PR効果を上げるためのロゴマークを作成しました。データ利活用推進に関する事業の際に使用します。

裾野市データ利活用推進本部のロゴマーク

裾野市はその名のとおり富士山の裾野にひろがる自然豊かなまちです。
象徴となる富士山を意匠化するにあたり、データ利活用によって高い位置から現状を見ることを表す上空からの富士山形状を採用しました。
また、レーダーチャートを模すことでデータ利活用を推進する姿勢を表現すると共に、各分野でバランスの良いまちづくりを目指す、正五角形を裾野市の市章とリンクさせたデザインとなっています。

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1804
ファクス:055-995-1861

企画政策課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2018年11月01日