2022年度(令和4年度)実施 裾野市職員採用試験 夏期試験

求む!「すその」を愛するプロフェッショナルな職員
  • 申込受付を終了しました。
  • 受験者あてに第1次試験の案内をメールで送付しています。ご確認の上、第1次試験を受験してください。

募集職種

  • 一般事務(大学卒、経験者)
  • 土木技師(大学卒、短大卒、経験者)
  • 幼稚園教諭・保育士

裾野市が求める人材像

  • 「すその」を愛し、誇りと責任を持って、市民の期待と信頼に応えるために行動し、失敗を恐れず挑戦し、困難な状況でも粘り強くやり抜く意思を持つ人材
  • 問題意識を持って職務に取り組み、現状に満足することなく、新しい分野へチャレンジし改革していこうとする人材
  • 同僚や他者と協力しながら、自ら考え自律的に業務遂行をする人材

試験の主な変更点

より人物に重きを置いた選考方法を採用し、テストセンター会場やWeb形式を導入することで、誰もが受験しやすい試験制度になりました。

  • 第1次試験の教養試験・適性試験を、適性検査「SPI3」に変更します。
  • 第1次試験の適性検査の会場は、裾野市内の会場と全国に開設されるテストセンターのいずれかから受験者に選択していただきます。
  • 第2次試験の面接試験をWeb形式に変更します。
  • 「一般事務」「土木技師」について、職務経験者の職種区分を新設します。

1.職種、受験資格、採用予定数および職務内容

職種 区分 受験資格 採用予定数 職務内容
一般事務 大学卒 平成6年4月2日以降に生まれた人で、学校教育法による大学(これと同等と認める学校を含む)を卒業した人または令和5年3月卒業見込みの人 4人程度 福祉・保健医療、市民生活、税務、文化・教育、観光・産業振興、都市基盤整備などさまざまな領域の行政事務
一般事務(経験者) 昭和57年4月2日以降に生まれた人で、民間企業等職務経験が通算6年以上ある人
土木技師 大学卒 平成6年4月2日以降に生まれた人で、学校教育法による大学(これと同等と認める学校を含む)を卒業した人または令和5年3月卒業見込みの人 若干名 道路・河川・上下水道の整備および管理、都市計画に関する専門技術的な業務
短大卒 平成12年4月2日以降に生まれた人で、学校教育法による短期大学(これと同等と認める学校を含む)若しくは高等専門学校を卒業した人または令和5年3月卒業見込みの人
土木技師(経験者)

昭和57年4月2日以降に生まれた人で、土木工事の設計・積算、施工管理の職務経験が通算6年以上ある人
幼稚園教諭・保育士

平成4年4月2日以降に生まれた人で、幼稚園教諭の免許かつ保育士の資格を有する人または令和5年3月末日までに取得見込みの人 若干名 幼稚園または保育園等にける幼児教育・保育業務
  • 申込みは一つの職種区分に限るものとし、受付後の職種区分の変更はできません。
  • 短大卒業程度試験を大学卒業(見込み)の人は受験できません。
  • 高校卒業後に次の要件の全てを満たす専門学校を卒業または卒業見込みの人は、短大卒程度となります。
    • 学校教育法第125条に規定する専修学校の専門課程であること。
    • 修学年数が2年以上であること。
    • 1,600時間以上の授業の履修があること。

※ 職務経験の要件について

  • 職務経験の期間は、雇用形態(会社員、団体職員、自営業者、パートタイマー、公務員等)に関わらず、一つの企業等に1週間あたり30時間以上の勤務を1年以上継続している経験に限り通算することができます。
  • 期間を合算し、1か月未満の期間がある場合は、30日をもって1か月と計算します。
  • 休職・休業期間(育児休業、介護休業、病気休職等)は、職務経験の期間に含めることができません。
  • 同時期に複数の企業や団体等に就業していた場合は、いずれか一方の期間のみ計算します。
  • 令和5年3月31日までに経験年数が6年に達する場合を含みます。
  • 最終合格者には、6年以上の実務経験を証明する書類の提出を求めます。

次のいずれかに該当する人は、受験できません

  • 日本国籍を有しない人
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの人
  • 裾野市職員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない人
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した人

2.試験の内容・日時・会場等

第1次試験

試験日および会場

試験科目 試験日 会場
適性検査

6月18日(土曜日)~7月1日(金曜日)のうち1日

または 6月25日(土曜日)

テストセンター

裾野市内会場

専門試験 6月25日(土曜日) 裾野市内会場
  • 集合時間、試験会場等の詳細は、申込み完了後に受験者に通知します。
  • 適性検査は、受験者が試験日(試験日の中から1日)および会場を選択して受験します。裾野市内会場(裾野市役所または裾野市民文化センター)は、6月25日(土曜日)のみ設けます。適性検査については、「適性検査の内容」をご確認ください。
  • 6月25日(土曜日)は、裾野市内会場で、適性検査と専門試験を同時に受験することができます。

試験の内容

試験科目 職種区分 内容 試験時間
適性検査

一般事務 大学卒

土木技師 大学卒

土木技師 短大卒

幼稚園教諭・保育士

性格検査、基礎能力検査 (SPI3-U) 110分程度

一般事務(経験者)

土木技師(経験者)

性格検査、基礎能力検査 (SPI3-G)
専門試験

土木技師 大学卒

土木技師 短大卒

土木技師(経験者)

数学・物理、応用力学、水理学、土質工学、測量、土木計画(都市計画含む)、材料・施工 120分

適性検査の内容

  • 適性検査は、受検会場をテストセンター会場か裾野市内会場かを、申込み時に選択していただきます。
  • 裾野市内会場は6月25日(土曜日)のみ開設し、「性格検査」および「基礎能力検査」を同時に実施します。
  • テストセンター受験では、「性格検査」を自宅などのパソコンやスマートフォンで受験し、「基礎能力検査」をテストセンター会場のパソコンで受験します。受験方法については、申込み完了後に受験者に通知します。
第1次試験 適性検査 会場について

裾野市内会場

会場名(所在地) 試験日

裾野市役所(裾野市佐野1059)または

裾野市民文化センター(裾野市石脇586)

6月25日(土曜日)

テストセンター会場

  • テストセンター会場については、適性検査SPIウェブサイトでご確認ください。
  • 会場ごとに開設期間、営業日が異なりますのでご注意ください。

第2次試験

試験日および会場

試験科目 試験日 会場
面接試験 8月4日(木曜日)、5日(金曜日)のうち1日 予定 Web形式
  • 試験の詳細は、第1次試験合格者に通知します。

試験の内容

試験科目 職種区分 内容
面接試験 全職種 個別面接

第3次試験

試験日および会場

試験科目 試験日 会場
面接試験 9月22日(木曜日)予定 裾野市役所
  • 試験の詳細は、第2次試験合格者に通知します。

試験の内容

試験科目 職種区分 内容
面接試験 全職種 個別面接

3.合格者の発表

  • 第1次試験、第2次試験および第3次試験の全てにおいて、受験者全員に郵送で合否を通知します。
  • 第1次試験に限り、合格者の受験番号を本ページに掲載します。
  • 最終合格発表は、令和4年10月上旬に、第3次試験受験者全員に郵送で通知します。
  • 電話でのお問い合わせにはお答えしません。

4.受験手続

  • 申込みは、電子申請(インターネットによる申込み)で行ってください。
  • インターネットによる申込みが困難な人は、郵送での申込みを受け付けます。不明な点がありましたら、人事課にお問い合わせください。

申し込み方法

申込み受付を終了しました。多くの皆さまのご応募ありがとうございました。

「裾野市職員採用試験申込フォーム」に接続し、受験の申込みをしてください(パソコンまたはスマートフォンから申し込み可能)。

二次元バーコード
  • 申込フォームより、必要事項を入力してください。
  • 第1次試験の適性検査の受験会場について、テストセンター会場か裾野市内会場かを選択していただきますので、事前に確認してください。
  • 次の顔写真データを添付していただきますので、事前に準備してください。
  • 縦4×横3の比率の画像ファイル
  • 申込み前3か月以内に撮影したもの
  • 正面、上半身、脱帽、無背景で本人であることが識別できるもの
  • 入力後、入力内容の確認画面に進み、誤りがないか確認した後、申込ボタンを押してください(申込み後に入力内容を変更することはできません)。
  • 申込内容が到達すると、登録したメールアドレスあてに送信完了のメールが届きます(no-reply@logoform.jpから送信されます)。

受付期間

5月16日(月曜日)午前9時から6月10日(金曜日)午後5時まで

  • 通信回線上の障害等によるトラブルについては一切責任を負いかねますので、期限に余裕をもって申し込みをしてください。

受付後の流れ

  • 申込内容の確認後、登録したメールアドレスあてに受付完了のメールを送信します(申込みからおおむね1週間以内にjinji@city.susono.shizuoka.jpから送信されます)。この受付完了メールを受信して、申込み完了となります。
  • 受験資格等の項目で確認が必要であると判断した場合、連絡する場合があります。
  • 第1次試験の案内通知は、6月15日(水曜日)までに、登録されたメールアドレスあてに送信します。

インターネットによる申込みができない方

連絡が取れるメールアドレスをお持ちでない方や受験票を印刷できない方は、インターネットで申し込むことはできませんので、申込書を郵送で請求し、郵送により申込みをしてください。

申込書請求方法

A4サイズの用紙が折らずに入る返信用封筒(郵便番号、住所、氏名を明記し、切手を貼ったもの)を同封の上、人事課あて封筒(サイズ不問)の表に「採用試験申込書請求」と朱書きし、請求してください。

※切手代:普通郵便の場合 140円、速達郵便の場合 400円

申し込み方法

「採用試験申込書」に必要事項を記入、顔写真を貼付し、長形3号の封筒(申込者の郵便番号、住所、氏名を明記し、84円切手を貼ったもの。受験票を人事課から発送するために使用します)を同封し、郵送で提出してください。

送付先

〒410-1192 裾野市佐野1059番地 裾野市総務部人事課

申込期限

6月10日(金曜日)必着

※窓口持参の場合は6月10日(金曜日)午後5時15分まで

5.採用

  1. 最終合格者は採用候補者名簿に記載され、その中から任命権者が採用者を決定します。したがって、合格者は必ずしも全員採用されるとは限りません。採用の時期は、令和5年4月1日の予定です。
  2. 学校を卒業見込の人が、卒業できない場合は採用されません。
  3. 資格および免許を取得見込みの人が、取得できない場合は採用されません。

その他

  • 車いすを使用されているなど、身体等の事情により、試験会場等に配慮を必要とされる方は、申込みの際に人事課までお問い合わせください。
  • 試験の内容についてのお問い合わせにはお答えできません。
  • この試験において提出された書類等は、受付後返却しません。
  • 受験に際して裾野市が収集した個人情報は、採用試験の円滑な遂行のために用い、それ以外の目的には使用しません。また、裾野市個人情報保護条例に基づき適正に管理します。
  • 地震、台風などの災害および感染症拡大状況等により、やむを得ず試験日程を変更する場合があります。
  • 受験者の都合による日程変更は、理由のいかんを問わずできません。
  • 試験実施に関し、必要に応じて裾野市職員採用サイトでお知らせする場合があります。
  • 試験実施に関し、緊急にお知らせする事項がある場合には、メールや電話等で連絡することがあります。申込み時に登録する住所、電話番号、メールアドレスは、確実に連絡の取れる連絡先としてください。

試験案内

この記事に関するお問い合わせ先

人事課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1806
ファクス:055-993-3607

人事課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2022年05月16日