DV(ドメスティック・バイオレンス)

配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者から振るわれる暴力をDV(ドメスティック・バイオレンス)といいます。暴力は身体的、心理的、性的などさまざまなかたちで、相手に恐怖と不安を与え、被害者の行動を束縛し、自信の喪失や無力感をもたらします。被害を受けている方は決して我慢せず、市などの相談窓口をご利用ください。

DVにおける暴力

DVはさまざまな形態の「暴力」が振るわれます。具体的には次のようなものが、単独で、あるいは複数の暴力が重なって起こります。

  • 身体的なもの

例:殴る・蹴る・平手で打つ・物を投げつける・刃物を突きつける・髪を引っ張る

  • 心理的なもの

例:大声でどなる・実家や友人との付き合いを制限する・おどす

  • 性的なもの

例:嫌がっているのに性行為を強要する・中絶を強要する

  • 経済的なもの

例:生活費を渡さない・仕事をさせない

DVをうけたら相談を

DVのことを相談することはとても勇気のいることです。しかし、我慢しているだけでは解決できません。被害を受けたときには、思い切って相談をしてください。

相談窓口

 

総合福祉課

995-1819

社会福祉協議会

生活なんでも相談

995-1137

女性相談センター

(配偶者暴力支援センター)

055-926-9217

(相談専用)

男女共同参画センター

あざれあ相談

055-925-7879

(注釈)心身に危険が迫っているときは、迷わず警察・救急へ通報をしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

総合福祉課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所1階
電話:055-995-1819
ファクス:055-992-3681

総合福祉課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2022年04月11日