すそのびとNo.28 沖 美穂さん『自転車競技で五輪3大会に出場』

沖美穂さん

沖 美穂さん (47歳・佐野上宿)

自転車競技で五輪3大会に出場

北海道出身で、もともとはスピードスケートの選手だった沖さん。スピードスケートと自転車競技で夏冬合わせ7回のオリンピックに出場した橋本聖子さんに憧れ、自転車競技に転向しました。自転車競技では、シドニー、アテネ、北京の五輪3大会に出場したほか、全日本自転車競技選手権大会のロードレースで11連覇を達成するなど輝かしい実績があります。

現在は、競輪の統括団体である公益財団法人JKAに勤めていて、自転車競技者数の拡大、競技振興の業務のほか、日本代表選手の練習環境の確保、調整などを担当しています。また、日本オリンピック委員会の女性スポーツ専門部会委員などの役職を歴任しています。

「自転車競技の男子ロードレースは、開会式の翌日に行われます。ロードレースの映像を通じて、開催国がどんな国なのかを知ってもらうためだと聞いたことがあります。日本、静岡県の美しさが世界中に伝わると思います。観戦者が来日できない今回は、その役割が大きいのではないでしょうか」と沖さん。

「自分のまちで、オリンピックが行われることはなかなかないこと。皆様には、健康第一でオリンピックを楽しんでほしいです。新型コロナウイルス感染症が沈静化し、安心して観戦できる状況になっていることを願っています」と話してくれました。自転車ロードレースの魅力を語ってくれた沖さん

この記事に関するお問い合わせ先

情報発信課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1802
ファクス:055-992-1546
情報発信課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2021年08月15日