7月1日から全国安全週間が始まります

7月1日から7月7日まで全国安全週間です。(準備期間:6月1日から6月30日)

県内では、近年、労働災害が増加しており、昨年労働災害により死傷した方(休業4日以上)は、4,440人となっています。また、このうち23人の尊い人命が失われています。さらに、今年に入ってから亡くなった方は12人(昨年同時期比で5人増)に上っており、極めて憂慮すべき状況です。

労働災害の一層の減少を図るためには、労使が一体となって労働災害防止のための基本ルールを徹底し、またそれらを遵守・実行するための時間的・人員的に余裕を持った業務体制を構築することが重要です。このため、令和4年度全国安全週間は、以下のスローガンで取り組みます。

『安全は 急がず焦らず怠らず』

全国安全週間およびその準備期間を機会に、それぞれの職場において、労働災害防止の重要性について認識を深め、安全管理活動の着実な推進を図りましょう。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、全国安全週間に関する活動を実施する際は、職場内外での感染防止行動を徹底しつつ、取り組むようにしましょう。

お問い合わせ

静岡労働局 労働基準部健康安全課(電話:054-221-6314)

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光課 産業政策係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1857
ファクス:055-995-1864

産業観光課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2022年05月30日