ウェブアクセシビリティ

アクセシビリティとは

「高齢者や障害者など、心身の機能に制約のある方でもサービスを問題なく利用できること」を表す言葉として用いられます。特に、インターネットを通じて利用されるウェブコンテンツの「利用のしやすさ」を「ウェブアクセシビリティ」といいます。

ウェブアクセシビリティへの取り組み

裾野市公式ウェブサイトは日本工業規格である「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェアとサービス-第3部:ウェブコンテンツ(http://www.jisc.go.jp/)」を考慮し作成しています。

詳細は下記リンクをクリックしてください。

使いやすさへの配慮

情報を分野別、目的別に分類し、目的の情報に素早く簡単にたどり着けるように配慮します。また、現在どのページを見ているのか把握しやすいようにするために、ページタイトルやパンくずリストを設定・配置し、さらにデザインの統一に取り組みます。

障がいのある方や高齢者への配慮

多くの方に平等に情報が伝わるように色使い(コントラスト)に配慮し、画像への代替テキストの設定や文字の大きさの変更に対応します。また、特定の種類のフォントや大きさの指定、機種依存文字(環境依存文字)、半角カナの使用はしません。

利用者のパソコン環境への配慮

特定のパソコン、OS(基本ソフト)やブラウザ(ウェブ閲覧ソフト)の固有の機能に依存しないようにします。また、特定のブラウザのプラグイン(追加機能)を利用する場合は必要事項を明記します。

この記事に関するお問い合わせ先

戦略広報課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1802
ファクス:055-992-1546
戦略広報課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年03月27日