HOME > 観光 > その他観光情報 > 裾野市公式キャラクター&キャッチフレーズ決定




観光(その他観光情報)

裾野市公式キャラクター&キャッチフレーズ決定

裾野市公式キャラクター&キャッチフレーズが決定しました。ゆるキャラは応募総数600点、キャッチフレーズは1236点ありました。みなさんのご応募ありがとうございました。使用方法などは追ってホームページなどでお知らせします。

1.決定作品

ゆるキャラ

『すそのん』

杉原由希子さん 33才(東京都練馬区)

キャラクターコンセプト

裾野市の魅力をアピールできるよう、富士山と餃子をイメージした愛らしくコミカルなデザインのキャラクター。
富士山の帽子に裾野市民の大好きな餃子の体。丸っこいフォルムとキョトンとした表情が癒しを与えます。

キャッチフレーズ

  • 『うるおい すその』    池永一広さん 64才(大阪府高槻市)
  • 『あの、その、すその。』    下野えい子さん 40才(福岡県福岡市)

2.選考理由

ゆるキャラ

事前選考から最終選考までの過程で、(1)認知度、イメージアップ、(2)ターゲット好感度【3、40代の親とその子】(3)オリジナリティ【独創性】、(4)発展性、活用・展開度の評価項目をベースに選考しました。

『すそのん』選考理由

  • 富士山をモチーフに着ぐるみ、グッズになっても愛らしいキャラ。
  • 裾野市がシティプロモーション推進していく中でも、主なターゲットとなる幼児、子どもを持つ親子層に受けそうなキャラ。
  • 市民投票における幅広い世代層からの支持と5候補作品のうち人気第1位。

キャッチフレーズ

事前選考から最終選考までの過程で、(1)認知度、イメージアップ、(2)ターゲット好感度【3、40代の親とその子】(3)広報効果【明確性】、(4)発展性、活用・展開度の評価項目をベースに選考しました。

『うるおい すその』選考理由

  • 富士山の恵み、恩恵のある裾野市をシンプルに表現している。
  • 精神面でのゆとり、また、市民、市財政、市内企業がいつまでも豊かさといつまでも豊かであることの希望が込められている。

『あの、その、すその。』選考理由

  • わかりやすく、子どもでも覚えられ、記憶に残るフレーズ。
  • シティプロモーションの第一歩は、「すその」というまちの名前を憶えていただくことからスタート。(認知度アップに効果的である。)
  • 市長を先頭に「あの」「その」にあたる裾野市の魅力に付加価値をつけ高め、「あの裾野か」「その裾野か」と思われるような顔のあるまちづくりを市民とともに目指すにふさわしいフレーズである。
  • PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、次のバナーのリンク先からダウンロードしてください。
  • Adobe Readerをダウンロードする

この記事に関するお問い合わせは

企画部 戦略広報課

所在地/市役所3階
電話番号/ 055-995-1802
ファクス番号/ 055-992-1546