ふるさと納税寄付金の使いみち

新型コロナウイルス感染症対策に関する事業を新設しました。


 

「ふるさと」に貢献したい人や応援したい人の思いを実現するため、皆さんからの寄付金は、裾野市のまちづくりの貴重な財源としてさまざまな分野で活用しています。
寄付金の状況や寄付金を活用した事業内容も、市公式ウェブサイトでお知らせします。

1.福祉・健康施策の充実に関する事業

ヘルシーパーク裾野の写真

だれもが将来にわたってすこやかに暮らせる健康と福祉の「すその」に向けての取り組み。
市民を対象とした健康づくり事業などに役立てます。

例:健康施設備品の購入

2.教育・文化・生涯学習の充実に関する事業

小学校の写真

成長するよろこびと地域のつながりで心の豊かさを育む「すその」に向けての取り組み。
子育て支援事業や学校教育の環境整備などに役立てます。

例:学校備品の購入

3.環境・防災・消防の充実に関する事業

消防車の写真

市民と行政が手を携えてつくる安心と活力のある「すその」に向けての取り組み。

例:防災備品の購入

4.都市基盤の充実に関する事業

運動公園のローラー滑り台の写真

豊かな自然と暮らしやすさが調和した「すその」に向けての取り組み。道路や公園などを整備する事業などに役立てます。

例:公園施設の改修、備品の購入

5.観光・産業の充実に関する事業

菜の花アンド桜まつりの写真

今ある魅力と資源を再発見し、未来へつなげる「すその」に向けての取り組み。
観光施設整備やイベントを振興するために役立てます。

例:世界遺産「富士山」関連整備、お祭りなど

6.市長に一任

すそのんのイラスト

使い道の指定がない場合は、市長に一任します。

7.スポーツ振興の充実に関する事業

自転車競技ロードレースのコースの写真

東京2020オリンピック自転車競技ロードレースの開催市となる「すその」の機運醸成や大会運営、レガシー創出に関する事業などに役立てます。

例:大会会場や観戦場所の設置、運営など

8.新型コロナウイルス感染症対策に関する事業

新型コロナウイルス対策・支援に寄付をする

全国的に感染拡大が危惧され、暮らしや経済に大きな影響をもたらしている新型コロナウイルス感染症に対し、市が実施する対策事業に役立てます。

ふるさと納税寄付金で実施した事業

ふるさと納税を活用して設置した須山浅間神社看板の写真

世界文化遺産「富士山とその構成施設」 須山浅間神社の案内看板設置

ふるさと納税を活用して鈴木図書館に設置した雑誌架の写真

市立図書館に新たな図書配架棚を購入

ふるさと応援寄付金ステッカー

ふるさと納税寄付金で購入した備品などには、「ふるさと応援寄付金ステッカー」を貼り、皆さんの気持ちを市民にもお知らせしています。

ふるさと納税により整備された物品に貼るステッカーの画像

ふるさと応援寄付金の受け入れ状況

年度別受け入れ状況(単位:円)
  福祉・健康施策事業の充実 観光・産業の充実 環境・防災・消防の充実 都市基盤の充実 教育・文化・生涯学習の充実 市長に一任 スポーツ振興の充実 合計
2013年度     100,000   30,000     130,000
2014年度 200,000 60,000 140,000 10,000 80,000     490,000
2015年度 706,590 1,170,000 600,000 180,000 2,150,000     4,806,590
2016年度 2,690,000 2,520,000 1,140,000 5,820,000 3,210,000     15,380,000
2017年度 1,566,000 1,524,000 874,000 4,266,000 2,139,000     10,369,000
2018年度 6,627,000 4,228,000 2,572,000 481,000 6,504,000 16,115,000   36,527,000
2019年度 19,557,000 8,909,000 6,790,000 1,549,000 15,776,000 53,225,000 1,424,000 107,230,000
この記事に関するお問い合わせ先

戦略広報課シビックプライド推進室
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1803
ファクス:055-992-1546
戦略広報課シビックプライド推進室へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年05月29日