2019年全国家計構造調査

全国家計構造調査は、統計法に基づく基幹統計調査として、国の統計調査の中でも最も重要な調査の1つとされています。

全国家計構造調査へのご協力をお願いします。

調査の目的

家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布および消費の水準、構造などを全国的・地域別に明らかにすることを目的としています。

調査の対象

全国から無作為に選定した約90,000世帯

調査の方法

調査員が調査対象世帯に調査票を配布することで行います。調査票の提出は、次のいずれかの方法を世帯が選択することができます。

ア インターネット回答

イ 調査員に提出

ウ 郵送により提出(『簡易調査』のみ)

調査の期間

2019年10月~11月

(2019年8月ごろから調査員が訪問し、お知らせや聞き取り調査を実施することがあります。)

調査事項

「家計簿」「年収・貯蓄等調査票」「世帯票」の3種類の調査票で、日々の家計の収入と支出、年間年収、預貯金などの金融資産、借入金、世帯構成、世帯員の就業・就学状況、現居住の状況(床面積、建築時期など)、現住居以外の住宅・土地の保有状況を調査します。

この調査は、3種類全ての調査票に回答をお願いする『基本調査』と「年収・貯蓄等調査票」、「世帯票」の2種類の調査票に回答をお願いする『簡易調査』で調査します。

調査結果の活用

年金制度の検討資料、国際比較可能な所得格差や資産格差の集計、家賃負担や住宅ローン返済の実態の把握などさまざまな場面で利用されています。

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1804
ファクス:055-995-1861

企画政策課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年08月05日