今、どんな感じ……暑さを吹き飛ばし、未来を感じる夏でした|教育長 風間忠純

平成29年9月13日

暑い暑い、夏休みでした。でも裾野は涼しいところだよ、と私は思うのですが、この夏休み、みんなの意気込みが熱く熱く、燃え上がりました。

そこで、今年の夏休み、裾野市が催した行事を一つ二つ紹介します。

〈イングリッシュ・サマー・キャンプ〉。
一日留学気分を味わいました。子どもたちも、学校の先生も英語学習に燃えました。教えてくださったのはALTの先生たち。ゲームをやったり、話をしたり…英語に親しんで未来への足がかりにしました。

夜の図書館では…〈夜な夜なおはなし会〉。
夜の図書館に行くとこわいお話が待っていました。お話しするのはおはなしのプロ。4つの話がつながって、だんだん、だんだん怖くなるという趣向でした。

〈ロボットを動かそう〉。
コンピュータをつかってプログラムを作りました。ロボット自動車を動かしました。ロボット自動車はくねくね道を走り、坂を上りました。沼津高専の先生方がプログラムの組み方を教えてくださいました。

暑い夏を吹き飛ばすような企画を組んで、未来の自分を見つめます。そんな楽しい行事が並んだ夏休みでした。

裾野っていいところだと思う人がもっともっと増えるように願っています。

イングリッシュサマーキャンプでの子どもたちの写真

イングリッシュ・サマー・キャンプ

夜な夜なおはなし会での読み聞かせの写真

夜な夜なおはなし会

夜な夜なおはなし会に子どもがたくさん参加している写真

夜な夜なおはなし会

プログラミング講座でパソコン室でロボットと一緒に記念撮影

ロボットを動かそう(プログラミング講座)

次は行政経営監にバトンタッチ。お楽しみに。

市長コメント

子どもが木を観察している写真

ただ今、裾野市では、子どもたちの目がキラキラと輝く、本物に触れあう学習を展開中。

活躍中のアスリートや芸術家など、本物の方々が子どもたちに授業をして、未来への夢・たくさんの感動を与えてくれています。

こうした教育が、大きな夢を持つ・世界を相手にがんばるような子どもを、たくさん育んでほしいと期待しています。

たとえ一時的に裾野市を離れることがあったとしても、「やっぱり、田舎はいいなぁ」と、将来的には裾野市へ帰ってきてもらえるよう、子どものうちに、自然体験など“田園未来都市すその”らしさもたっぷりと体感しておいてもらいたいと感じた夏休みでした。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1800
ファクス:055-995-1860

秘書課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年09月13日