今里岩船地蔵尊|総務管財課長 松本昭弘

平成29年1月25日

地蔵堂建替え時の地蔵の写真

今里の岩船地蔵尊を紹介します。

地蔵堂に収められているお地蔵さんは1メートルほどの大きな石の船に立って乗っています。普段は船の部分が本殿の下にあるため見ることができませんが、写真は地蔵堂建替え時(平成6年)に撮影された貴重なものです。

この岩船地蔵尊のお祭りは毎年7月23・24日に行われ、同時にお盆となっていることから、今里では地蔵盆ともいわれています。また、地蔵尊では定期的に念仏講も行われ御詠歌が唱えられています。

岩船地蔵の由来について調べてみると裾野市史にありました。今里の地蔵堂は1886年(明治19年)に建てられたようですが、岩船地蔵の信仰のルーツは、栃木県下都賀郡岩舟町の高勝寺から送りだされて、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県へと広がって静岡県に伝わった(村送り)ようです。しかし、名前の由来は、石の船に乗っているから岩船地蔵ではなく、岩舟町の高勝寺から送り出されてきた地蔵から岩船地蔵と呼ばれたとのことです。

由来やルーツを調べてみると、改めて気づくことが多いと感じました。

地蔵堂の中の写真
地蔵堂の写真

市長コメント

毎年、地蔵盆にお邪魔させていただいていますけれど、地区の皆さんがお地蔵様を大切にしている様子がよくわかる、とても良いお祭りだと感じます。
今里の岩船地蔵様や市内の各地区にある神仏の御加護によって、これからも地域が平穏無事でありますようにみんなで感謝の気持ちをこめてお祀り(お祭り)していきましょう。

さて、まるかってリレーブログの2巡目「私の一押しの場所」はこれで一区切りですが、それぞれの思いは伝わりましたでしょうか? ぜひとも、皆さんの一押しの場所も大切にしていただきたいと思います。

次回からは3巡目、テーマは「酉年・私の目標」です。お楽しみに。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1800
ファクス:055-995-1860

秘書課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2018年04月18日