令和の議会|議会事務局長 永田幸也

2019年7月10日

昭和から平成に替わるとき、庶務課で選挙や法制執務を担当していました。その頃の公文書は全て郵送で、文書が届かないと何もできない時代でした。昭和から平成に改元されたとき、文書の日付を表記する際「平成元年」なのか「平成1年」とするのか、国からの文書がなかなか来なかったことを覚えています。(小さなことですが、公務員にとっては重大な案件であり、元号の改正について皆が慣れていなかった時代でした。)
さて、裾野市議会では昨年10月に議員の改選があり定数も19名となりました。改選前から続けていた議会改革については継続して協議検討していくこととし、今回からは4分科会に分かれ「議会基本条例の見直し」や「ICT化」などをテーマに掲げ協議を続けています。令和になって初めての6月定例会において、議案に対する討論も活発に行われたことは、議会の活性化の一つの表れだと思っています。
令和の時代となり、ますます時代は早く動いています。事務局職員は議員の議会改革や議会活動がスムーズにできるよう日々業務を進めていきます。

議員研修会の画像

近隣市議会と合同の議員研修会

議会報告会の画像

6月開催の議会報告会
(市民文化センター)

市長コメント

議会として、市内各地区で開催された議会報告会、写真のように多くの市民の皆さんが集まって、活発な意見交換がされたようですね。
私たち当局側も、6月末から各地区区長会主催による「まちづくり懇談会」に参加させていただき、市民の皆さんからいろいろなご意見をいただきました。
議会と私(首長)、お互いにこうした機会を大切に、市民の声に耳を傾け、二元代表制の下、市民の代表としての責任を果たしていくことが大切だと再認識しています。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1800
ファクス:055-995-1860

秘書課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年07月10日