富士山のように美しい裾野に!|建設部部技監 金子隆一

平成28年8月3日

富士山のように美しい裾野に!

はじめまして、建設部部技監の金子です。
静岡市から毎日、富士山を眺めながら通勤をしています。

春の朝、朝日を浴びて赤くなってくる富士山、夏に向かって、雪がだんだん少なくなり青くなってくる富士山、秋から冬にかけ、だんだん白くなってくる富士山と、通勤時の楽しみとなっています。

裾野に向かって形を変え、どんどん大きくなってきて車窓いっぱいになる富士山、その迫力は圧巻です。

裾野市では、

「みんなでつくろう富士の裾野の裾模様"あなたの思いやりが、美しい裾模様をつくります!"」

を基本目標として景観形成基本計画をつくり、富士山をはじめ、市域を取り囲む愛鷹山、箱根山の山並みなどの自然景観を生かした景観づくりを推進しています。

また、車窓からの山並みへの視線の中にある看板(屋外広告物)が無秩序に建てられないように本年4月から裾野市屋外広告物条例が施行され、良好な景観づくりを進めています。

景観の妨げとなっている電線をなくす、無電柱化も少しずつですが進んでいます。

まるかって、緑あふれる自然を生かした裾野らしい景観をかたちづくっていきましょう。

朝日に照らされている富士山とふもとに広がる自然の写真
雪に覆われた富士山と建物の写真
雪のない富士山と建物の写真

次回は、杉山教育部長です。お楽しみに!

私のイクボス宣言

子育て中の職員を職場全体でフォローできる職場環境構築に努めます。

(注釈)イクボスは、部下のワーク・ライフ・バランスを考え、キャリアと人生を応援しながら自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のこと

市長コメント

富士山は見る角度によっていろいろな表情があって面白いですね。
子どもの頃、裾野市から見た"宝永山"は真正面のため、"山"として立体的には見えにくく、「どうして宝永火口のことを"山"って呼ぶんだろう?」なんて不思議に思っていたことを思い出しました。
少し角度をずらして眺めれば、立派な"山"なんですよね。

さて、この素晴らしい富士山の景観を守っていくためには、企業を含めた市民の皆さんのご理解・ご協力が不可欠です。

裾野市屋外広告物条例に基づいて良好な景観づくりを進めてください。よろしくお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1800
ファクス:055-995-1860

秘書課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2018年04月18日