第4次総合計画後期基本計画の策定経過

裾野市総合計画審議会

計画の策定にあたり、市内の各分野における現状と課題や、社会経済情勢などの環境変化を踏まえた地域のあり方などに関し、有識者などの優れた識見や知識を反映させるため、総合計画審議会を設置しています。

  • 役割:市長の諮問に応じて、第4次総合計画後期基本計画及び第3次国土利用計画市計画の内容について調査審議する。
  • 委嘱期間:平成28年7月~平成29年3月

第4回(平成29年2月23日)

  • 日時:平成29年2月23日(木曜日)10時~11時30分
  • 会場:東西公民館会議室

答申(平成28年11月10日)

答申書提出
意見交換
  • 日時:平成28年11月10日(木曜日)14時30分~15時
  • 会場:裾野市役所3階市長応接室

議事次第・資料

第3回(平成28年11月4日)

  • 日時:平成28年11月4日(金曜日)13時30分~15時30分
  • 会場:裾野市役所4階401会議室 

議事次第・資料

第2回(平成28年8月25日)

会議風景
会議風景
  • 日時:平成28年8月25日(木曜日)10時~12時
  • 会場:裾野市役所4階401会議室 

議事次第・資料

第1回(平成28年7月15日)

市長から審議会に答申書を手渡し
会議風景
  • 日時:平成平成28年7月15日(金曜日)13時~14時30分
  • 会場:裾野市役所4階401会議室

議事次第・資料

議事要旨

みらい会議

第4次総合計画後期基本計画の策定にあたり、「みんなで創る総合計画」をテーマに、計画作りに関わる方々・仲間を増やすベく、幅広く市民・市内で働く人などを募集して「みらい会議」を開催しました。

みらい会議とは、未来のあるべきまちの将来像を想定し、現在やるべきことを考えるという未来思考の会議です。全ての分野を対象にした総合的な会議と、市民団体・グループなどの会合に伺いまちづくりを考える出張みらい会議を展開し、延べ300人近い皆さんの参画を得ました。

裾野市みらい会議

8月下旬の土曜日、市民文化センターに子どもからお年寄りまであらゆる年代の方々が集まり、みらい会議を開催しました。

  • 日時:平成28年8月27日(土曜日)10時~15時
  • 会場:裾野市民文化センター 多目的ホール
  • 参加:午前の部、午後の部合わせて延べ116人

出張みらい会議

第4次総合計画後期基本計画の策定にあたり、市民団体・グループなどの会合に伺い、まちの将来像を語る出張みらい会議を開催しました。

裾野市民生委員児童委員協議会

人口減少・少子高齢化時代にますます重要度を増すと考えられるのが、人と人との関係です。当市は、市まち・ひと・しごと創生総合戦略の中でも、人と人の関係を豊かにすることを目標の一つに掲げています。そこで、市内で市民の皆さんに対する相談支援を行い、社会福祉の増進に活躍している民生委員児童員協議会でみらい会議を実施しました。

  • 東地区:9月6日(火曜日)東地区コミセン 30人

  • 富岡地区・須山地区:9月8日(木曜日)福祉保健会館 26人

  • 西地区・深良地区:9月9日(金曜日)生涯学習センター 33人

裾野市農業委員会

当市の農業・林業分野では、40歳以上就業者の割合が最も高く、持続可能な産業づくりに向けては、新たな担い手の参画促進や産業自体の活性化を図る必要があります。そこで、裾野市農業員会で、出張みらい会議を開催しました。

  • 日時:平成28 年7 月11 日(月曜日)15時~16時(60 分)
  • 会場:市役所4 階401会議室
  • 参加:農業委員23人

次世代みらい会議 不二聖心女子学院

まちづくりにあたっては、子どもたちがずっと住み続けたいと思えるまち、一度は外に出てもやっぱり戻ってきたいと思えるまち、将来への希望が持てるまちを目指すことが大切なことの一つです。しかし、平成27年度に策定した市まち・ひと・しごと創生総合戦略の議論の中で、若者世代からも親世代からも、進学後、当市に戻って働く場がないという意見が出ています。

そこで、市内高校生を対象に若者世代向けの出張みらい会議、題して「次世代みらい会議」を開催し、裾野市の未来像と、そのためにできることを考えました。

  • 日時:平成28年9月7日(水曜日)16時15分~17時15分(60分)
  • 会場:不二聖心女子学院
  • 対象:生徒会・クラス委員24人

裾野高校版「裾野市みらい会議」

裾野高校には、身近な地域である当市の政策評価・提言活動に関わることで、身近な地域の課題に対する問題意識と洞察力を高め、主権者としての基本的な素養と発信力を高めることを目的に、裾野高校版「みらい会議」を2カ月にわたって展開していただきました。

2年生の総合的な学習の時間(キャリアアップ・セミナー)において、ワークショップ体験を行い、当市の現状と課題について理解を深めるとともに、「未来思考」の政策提言プロセスについて理解を深めました。その上で、2年生の学校設定科目「現代社会演習」(公民科)において、詳細な資料の分析の方法を学び、当市における課題の原因と解決の方法、10年後の理想の姿とそれに向けた具体的な方策について提言をとりまとめました。

  • 平成28年9月8日(木曜日)~10月31日(月曜日)

パブリックコメント制度の実施

「裾野市総合計画審議会」での議論などを経て、「第4次裾野市総合計画 後期基本計画 骨子案」をとりまとめた段階で、市民の皆さまからのご意見を広くいただくため、パブリックコメント制度を実施しました。

実施概要

提出期限:平成28年9月12日(月曜日)から平成28年10月11日(火曜日)まで(郵送の場合は、当日消印有効)

意見公募の対象

意見への対応について

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1804
ファクス:055-995-1861

企画政策課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年04月12日