第4次裾野市総合計画(平成23年度~32年度)・前期基本計画(平成23年度~27年度)

「みんなの元気と調和でつくる暮らし満足都市」

社会環境の変化に対応するとともに、市民が暮らしに満足できる裾野市を実現するため、今後10年間のまちづくりの基本的な方向を示す総合的な指針として策定しました。

桜と富士山を写した第4次裾野市総合計画の表紙の写真

第4次裾野市総合計画

策定目的

本格的な少子高齢化社会と人口の減少、住民ニーズの多様化、産業構造の変化・グローバル化、国・地方を通じた厳しい財政状況など、本市を取り巻く社会経済状況は大きく変化しています。

これら社会環境の変化に対応するとともに、市民が暮らしに満足できる裾野市を実現するため、今後10年間のまちづくりの基本的な方向を示す総合的な指針として策定しました。

策定期間

本計画の期間は、平成23年度から平成32年度までの10年間とします。

計画の構成

本計画は、基本構想、基本計画、実施計画の3段階で構成します。

基本構想

市が目標とする将来像とこれを達成するための施策の大綱で構成します。
第4次裾野市総合計画基本計画では、まちづくりの指針とまちの将来像を下記のように定めました。

  • まちづくりの指針

    ・「すその」らしい魅力を大切に

    ・「元気」と「調和」を活力に

    ・市民と行政の協働を原動力に

  • まちの将来像
    「みんなの元気と調和でつくる暮らし満足都市」 

 計画期間は平成23年度から平成32年度までの10年間。

基本計画

基本構想に基づき、施策を体系化し、各施策の目的や実現のための具体的な手段を示します。
計画期間は、平成23年度から27年度までの5年間を前期計画、平成28年度から平成32年度までを後期計画とします。

「第4次裾野市総合計画前期基本計画(平成23年度~平成27年度)」

運営方針

総合計画運営方針とは、総合計画で定めた施策の柱で、各年度に市が具体的にどのような取り組みを進めるのかをとりまとめたものです。

各施策で担当課が抱える課題を明確にし、その課題に対する具体的な取り組みを示します。この運営方針の進捗管理を通じて、当該施策の中で重点を置くべき事業は何かといった、施策レベルでの事業の見直しを継続的に行います。

(注釈)平成24年度まで「重点施策基本方針」として作成していました。

運営方針進捗管理

運営方針進捗管理で、課題への取り組みなどの実績を評価することで、施策運営のPDCAサイクルの確立を進めるものです。
当該施策の中で重点を置くべき事業は何かといった、施策レベルでの事業の見直しを継続的に行います。

平成27年度総合計画運営方針進捗管理

平成26年度総合計画運営方針進捗管理

平成25年度総合計画運営方針進捗管理

実施計画

基本計画で示された各施策を、より具体的な事業の実施計画にして提示します。なお、計画期間は短期間とし、毎年、見直しを実施していきます。

関連資料

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1804
ファクス:055-995-1861

企画政策課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2017年05月19日