(平成20年11月28日)建築士における定期講習の義務化

建築士の能力維持を目的に定期講習制度が始まりました(平成20年11月28日)。

内容・目的

一級・二級・木造建築士(建築士事務所に所属する方に限る)や、構造設計・設備設計一級建築士(建築士事務所に所属の有無を問わない)は、定期講習の受講が義務付けられています。
なお、定期講習は、国土交通大臣の登録を請けた「登録講習機関」で実施されており、原則として3年以内ごとに受講する必要があります。
また、確認申請(詳しくは下記の確認申請を必要とする建築物・工作物・建築設備のリンクをご覧ください)の審査時において、関与する建築士の定期講習の受講有無について確認しています。

建築士が受講すべき定期講習

建築士が受講すべき定期講習
資格種別 受講の対象となる方 定期講習名
一級建築士 建築士事務所に所属している全ての方 一級建築士定期講習
二級建築士 建築士事務所に所属している全ての方 二級建築士定期講習
木造建築士 建築士事務所に所属している全ての方 木造建築士定期講習
構造設計一級建築士 全ての方(建築士事務所への所属を問わない) 構造設計一級建築士定期講習
設備設計一級建築士 全ての方(建築士事務所への所属を問わない) 設備設計一級建築士定期講習

根拠法令

  • 建築士法第22条の2
  • 建築士法施行規則第17条の36
  • 建築士法施行規則第17条の37

関連サイト

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 建築住宅係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1856
ファクス:055-994-0272

まちづくり課(建築住宅係)へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年09月14日