HOME > くらし > ペット > 猫の去勢・不妊手術に補助金




くらし(ペット)

猫の去勢・不妊手術に補助金

裾野市では猫の適正飼養を促進し、飼い主のいない猫の増加を防止するため、猫の去勢・不妊手術を行った場合に補助金を交付します。
望まれない子猫や捨て猫を減らすため、きちんと手術を受けさせましょう。

対象

  • 市内に居住し、飼い猫に手術を受けさせた方。
  • 市内に居住し、市内に生息する飼い主のいない猫に手術および耳カットを同時に受けさせた方。
  • 市内に生息する地域猫に手術および耳カットを同時に受けさせた区および市内の団体。

※事業目的で飼育しているものは、対象になりません。

補助金額

去勢・不妊手術に要する費用。
限度額は1匹につき、去勢5,000円、不妊10,000円です。

※飼い主のいない猫および地域猫の手術の場合は、耳カットに係る費用も含みます。

※予算の範囲内で補助を行います。

申請方法 ※平成26年度の受付は4月1日から開始しています。

手術を行った日を含め60日以内に補助金の交付申請を行ってください。予算の範囲内での受付となります。早めの申請をお願いします。

必要書類

  1. 補助金交付申請書(様式第1号) (PDF形式 112KB)/(Word形式 87KB)
    ※飼い主のいない猫の申請時は、裏面も記入し施術後の猫の写真(猫の全身と耳カットの状況が確認できるもの)を添付。
    飼い主のいない猫であることを確認する第三者の署名と押印が必要。

  2. 獣医師による証明書(様式第2号) (PDF形式 100KB) / (Word形式 34.0KB)
    ※動物病院に発行を依頼してください。証明書の飼養者と申請書の申請者名は同一名としてください。

  3. 補助金請求書(様式第4号) (PDF形式 64KB)/(Word形式 69KB)
    ※振込先は申請者本人名義、団体の場合は団体名義の口座。

  4. 領収書の原本(押印したもの)
    ※申請者宛のもの。複数の申請をする場合は、それぞれ個別のもの。

  5. 申請者のはんこ(認め印)

  6. 申請者の振込口座がわかるもの(通帳またはそのコピーなど)

上記1~3は当ウェブサイトからダウンロードするか、生活環境課で配布します。

関連資料
  • PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、次のバナーのリンク先からダウンロードしてください。
  • Adobe Readerをダウンロードする

この記事に関するお問い合わせは

環境市民部 生活環境課

所在地/市役所1階
電話番号/055-995-1816
ファクス番号/ 055-992-4447