消費生活相談概要

消費生活相談とは

買物や商品の苦情、日常生活での契約に関するトラブル、架空請求や悪質商法など、消費生活全般のトラブルを解決に導く相談です。

悪徳商法や振り込め詐欺にご用心

高額な商品を売りつける悪質商法や振り込め詐欺が後を絶ちません。昨年度の相談件数は528件で前年より53件増加しました。

 

特に架空請求は多く、利用した覚えのない代金請求のハガキが届いたという相談が176件、大手通販会社名等をかたった代金請求のメールがパソコンやスマホに届いたという相談が21件ありました。

その他にも多重債務、光回線の変更、化粧品、健康食品、敷金など多種多様な相談がよせられました。

 

高齢者世帯では、不意打ち的な勧誘に関するトラブルは減少していますが、アダルトサイト、光回線、携帯電話サービス等の情報通信関連の相談が増加しています。

契約が複雑で、内容が理解しきれずトラブルになる事例も増えていますので、契約内容や条件を必ず確認し、よく理解してから契約してください。

 

販売購入形態別にみると通信販売が282件(58%)、次いで訪問販売37件、電話勧誘販売29件と続きます。

家に居ながら欲しい商品が手に入る通信販売は手軽で便利ですが、「広告と違っていた」「一回の《お試し》と思ったら定期購入だった」「代金を払ったが商品が届かなかった」などのトラブルがあります。

特にネット通販では詐欺サイトによる被害が発生していますので、信頼できるサイトか利用の都度確認してください。

平成30年度相談内容内訳

相談件数

  • 528件(苦情 480件 問い合わせ 48件)

相談形態

  • 来訪 326件
  • 電話 202件

契約者年代

  • ~20代 20人
  • 30代~40代 83人
  • 50代~60代 193人
  • 70代~ 200人
  • 不明 32人

販売購入形態

  • 店舗購入 84件
  • 訪問販売 37件
  • 通信販売 282件
  • 電話勧誘販売 29件
  • 訪問購入 5件
  • 無店舗型その他 1件
  • 不明・無関係 87件
  • マルチ関係 3件

クーリング・オフ

  • 10件

多重責務相談

  • 19件

裾野市消費生活センターをご利用ください

裾野市消費生活センターは、市役所1階西側にあり、さまざまな消費者トラブルに対応しています。 悪質商法、多重債務相談、消費生活相談、その他契約に関するトラブルなどで、困ったな、おかしいな、と感じたら、消費生活センターへお問い合わせになるかお越しください。

受付時間 9時~16時(月曜日~金曜日)
電話 055-995-1854

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 産業政策係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1857
ファクス:055-995-1864

産業振興課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年06月21日