空き家対策に関する啓発冊子を発行

裾野市では、2017(平成29)年から、株式会社ホープ(福岡県福岡市)と「裾野市空き家情報誌の官民協働発行に関する協定」を締結し、空き家対策に関する啓発冊子を発行しています。本冊子は、協定に基づく協賛企業からの広告収入で賄われており、市の制作費用の負担はありません。

これは、2019(平成31)年3月に策定した「裾野市空家等対策計画」の具体的施策に基づく取り組みであり、「空き家の所有者などに適切な管理や利活用に関する情報を提供し、所有者意識の醸成を図ること」を目的としています。

なお、冊子は、空き家の所有者などにダイレクトメールで送付、また、まちづくり課の「空き家に関する相談窓口(市役所2階)」で配布しています。

空き家情報誌2019の表紙

空き家情報誌の概要

概要
名称 2019年度 裾野市空家情報誌
規格 A4判、フルカラー、8ページ
発行部数 300部
配布対象者 市民の皆さん、裾野市に空き家を所有している人、将来空き家を所有しうる人など
配布方法 窓口相談時、税務課における相続人代表者指定届出時、指導文書郵送時、所有者アンケート郵送時など
この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 建築住宅係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1856
ファクス:055-994-0272

まちづくり課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年08月30日