サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者にふさわしいハード(バリアフリー構造、一定の面積、設備)と、安心できる見守りサービス(状況把握・生活相談サービス)が付いた民間賃貸住宅です。

内容・目的

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる住まいづくりを推進するために、国土交通省と厚生労働省が共同で創設した登録制度です。従来は「高齢者円滑入居賃貸住宅」「高齢者専用賃貸住宅」「高齢者向け優良賃貸住宅」という制度でしたが、平成23年の「高齢者の居住の確保に関する法律(高齢者すまい法)」の改正でそれらを一本化し創設されました。
高齢者にふさわしいハード(バリアフリー構造、一定の面積、設備)と安心できる見守りサービス(状況把握・生活相談サービス)が付いた、賃貸住宅などについて、事業者からの申請により、静岡県県知事が登録し、その情報を公開しています。

サービス付き高齢者向け住宅の登録制度の概要

裾野市内のサービス付き高齢者向け住宅

裾野市内登録数 2件 72戸 (令和元年10月1日現在)

下記ホームページで検索または市役所まちづくり課で閲覧できます

静岡県サービス付き高齢者向け住宅一覧

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 建築住宅係
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所2階
電話:055-995-1856
ファクス:055-994-0272

まちづくり課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2019年10月04日