すそのびとNo.16吉田 正明さん『生涯ただ一心に書道に挑む』

吉田正明さん

吉田 正明さん(89歳・町震2)

生涯ただ一心に書道に挑む

「真剣な表情で紙に向かっている吉田さんは、小学生の頃に書習字を始め書道歴は80年以上になります。過去には、書道の大家、故鈴木翆(すい)軒(けん)氏に師事し、今日まで書道を続けてきました。
吉田さんは、書家への勧誘を断り、品評会や展覧会にも出品せず、己のために作品を書くことを信条とし毎日紙の前に向かい筆を取り続けます。「書は筆や紙の種類、墨の色合いで表現に違いが出ます。自分が納得できる表現に至るまで、試行錯誤を繰り返すことが楽しいです」と書道への思いを熱く語る吉田さん。
書を書く吉田さん 昨年の12月に知人の縁で三島北高校の書道部の学生と交流したときには、自身の書道を振り返り「年を取って振り返ったときに、楽しかったとかまたやりたいと思えることをつくり、人生を充実させるための種まきだと思ってやってきました。何か、自身が熱中できるものを持つとよいです」と伝えました。
書道を愛する吉田さんは「これからも元気に楽しんで、自分の好きな書道を続けていきたいです」と笑顔で話しました。

この記事に関するお問い合わせ先

情報発信課
〒410-1192 静岡県裾野市佐野1059 裾野市役所3階
電話:055-995-1802
ファクス:055-992-1546
情報発信課へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年07月01日