富士山資料館「古絵はがき」を展示

富士山資料館で「古絵はがき」を展示・公開しています。
明治後期から昭和初期の裾野市の光景を垣間見れる「古絵はがき」です。中でも明治時代に佐野瀑園と呼ばれ、皇族や著名人、外国人なども訪れていた五竜の滝がある現在の裾野市中央公園や景ヶ島渓谷などの様子が分かる貴重な絵はがきを中心に展示しています。

併せて、富士山を愛し、富士山を描き続けた大森明恍画伯の絵画6点も同時展示しています。

富士山資料館手作りの「パズルコーナー」も併設しました。難易度の高いパズルもありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

大正11年1月11日の白黒写真

とき

2020年2月24日(月曜日)まで

ところ

富士山資料館特別展示室

その他

富士山資料館の標高は約880メートルです。ご来館の際は冬用タイヤの装着など、万全の装備でお出かけください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

裾野市立富士山資料館
〒410-1231 静岡県裾野市須山2255-39
電話:055-998-1325
ファクス:055-998-1325

富士山資料館へのお問い合わせ、意見、質問

更新日:2020年01月07日